プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

連日の旧作鑑賞 成瀬巳喜男「旅役者」

2017-05-13 11:34:53 | 日記
再び神保町シアターへ。「映画監督 成瀬巳喜男初期傑作選」より「旅役者」観てきました。私、こういうタイトル好きなんです。なんか、郷愁を誘います。といっても、生まれも育ちも東京ですから、ま、そういうものには縁遠いんですけどね。「旅役者」的なもの観たとしたら、今から30年近く前「梅沢冨美男」観に行ったくらいでしょうか。
さて、この映画 まず登場する一座が「中村菊五郎一座」 まともじゃありません。村の人も「あれ、おかしいんじゃない?」と訝しい様子で眺めております。この一座で「馬の脚」それも前脚を担当するのが、俵六という役者。俵六さん なかなか自負心の強い人で、日本一の馬の脚役者をもって任じています。なにしろ、馬の脚一筋に15年。まさに「人に歴史あり」です。さて、この胡散臭い一座に怒りの声を上げた土地の者がいます。本物の「菊五郎一座」が来ると思って金を出したという男。怒って、殴り込み。馬の頭を踏み潰してしまいます。馬がいなけりゃ興行はできない。「座長急病」で休演に。が、いつまでも休演しているわけにはいかない。馬の頭を修理に出しますが、直ってきたのは、どう見ても狐の顔。誇り高き俵六さん、「これじゃ舞台にあがれない」と、出演拒否。なにしろ、一座の得意狂言は「塩原多助一代記」馬は必要不可欠です。で、困り果てた菊五郎座長 本物の馬を手配し、舞台へ上げたところが、これが大人気。とうとう俵六 職を失ってしまいます。ラストは、本物の馬と俵六が前脚の馬が田舎の町並みを追っかけっこ。なんとも珍妙なシーンでエンドマークとなります。
一昨日は、コメディが得意のルビッチ監督の人間ドラマ 昨夜は「女性映画」で名を成した成瀬監督の ちょっとコメディタッチの作品と、一風毛色の変わった作品観ましたが、やはり、一流の監督は、なにを題材に撮っても一流と思った次第です。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間賛歌を撮っても一流 E•ル... | トップ | サンシャイン池崎 千原ジュニ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。