プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

本多劇場「志の輔らくご 牡丹燈籠」千秋楽

2017-07-31 10:36:35 | 日記
お湿りもあって、少し過ごしやすかった週末。恒例の「志の輔らくご牡丹燈籠」の千秋楽に行ってきました。
志の輔師 もう30年以上 下北沢でライブ続けているとのこと。最初は、駅前の「ロングランシアター」今は「OFF OFFシアター」という名称。1年間毎週水曜日 午後10時から1時間公演続けたそうですが、1度だけ観客ゼロという経験したとのこと。いまや、最もチケットの取れない落語家の師にも、そんな時代があったとは。「人に歴史あり」というところでしょうか。
さて「牡丹燈籠」今年で10年めとのこと。私も、ここ5、6年は欠かさす通っております。毎年聴いても飽きない。物語の面白さ 語る志の輔師のうまさ。両方が、うまくマッチしているのでしょう。今年も、約3時間半のロングラン公演でしたが、あっという間でした。
17歳で絶世の美女だったお露 21歳で水も滴るいい男だった新三郎。普通だったら、ハッピーエンドになるのが当然なのに、運命のイタズラで悲劇が訪れます。周りの人間もまた、運命の波に飲み込まれていく。このあたりのダイナミックな展開はすごい。さすが大圓朝と思わせる一席でした。
ジャンル:
一芸
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな奇跡があったとは•••「... | トップ | 千代の富士 貴乃花 大鵬「大... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。