プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

好々爺の志村喬 狂気の三船敏郎「銀嶺の果て」

2017-02-22 11:12:53 | 日記
池袋·新文芸座の「三船敏郎 勝新太郎 中村錦之助 没後二十年」の企画より「銀嶺の果て」観てきました。1947年の作品です。
物語は、江島(三船敏郎)と野尻(志村喬)が。もう1人の男と3人で銀行破りをするところから始まります。もう1人の男は、雪山で逃げている時に、雪崩に巻き込まれ、命を落としてしまいます。逃げ延びた2人は、山小屋へ。そこには、隠居と呼ばれる小屋主の老人と、その孫娘の春坊。そして、登山家の本田という男がいました。雪が積もり、そこから出られない2人。野尻は、山小屋の住人と仲良くやっていますが、江島はイラついた様子。 天気が小康状態になると、2人は本田を脅して道案内させ、山からの脱出を図ります。が、道中、雪山に慣れない2人は、足元もおぼつかず、ピンチの連続。ついには···
「マイオールドケンタッキーホーム」などの音楽が、効果的に使われています。音楽を聞きながら、徐々に人間味を取り戻して、好々爺の一面を見せる野尻、一方、野卑なまま、狂気さえ感じさせる江島。このコントラストがいい。名優2人の演技は、見どころたっぷりでした。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家元節炸裂!「立川談志まく... | トップ | 井上芳雄 小池栄子 生瀬勝... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。