プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

女医の覚悟が潔い「午後8時の訪問者」

2017-05-26 11:03:12 | 日記
ダルデンヌ兄弟の新作「午後8時の訪問者」です。
恩師の経営する診療所で、代診している若い女医のジェニー。ある夜、診療時間外にドアベルの音がします。研修医のジュリアンが応対しようとしますが、ジェニーは止めます。が、その行為が禍根を残すことになります。翌朝、刑事が訪ねてきて、夕べドアベルを鳴らした少女の死を知らせます。もちろんこの件について、ジェニーには、何の過失もありません。が、彼女は自責の念にかられます。無縁仏として処理されそうになる少女。彼女が何者だったかを明らかにするため、ジェニーの奮闘が始まります。
ジェニーを演じるアデル•エネルという女優さん フランスの若手実力派として有名らしく、正義感の強いジェニーという女医役を見事に演じてました。私には、ちょっと理解できない部分もあるジェニーの正義感を、説得力ある演技で、具現化してくれました。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「月明かりで黒い肌が青く輝... | トップ | やはり不朽の名作「オリエン... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。