昭和のマロ

昭和に生きた世代の経験談、最近の世相への感想などを綴る。

なるほど!と思う日々(450)裁縫鳥とアネハヅル

2016-10-25 02:54:12 | なるほどと思う日々
 <知恵>と<技術>は人間の特権だと思っているようですが、いや、いや、動物の中にもなかなかの<知恵>や<技術>を働かせるものもいるようです。
 いろいろな形で巣作りをする鳥はいますが、裁縫するテクニックを使う鳥がいるとはビックリ!
 
 
 オス鳥はメス鳥の関心をひくために懸命に裁縫して巣をつくります。
 出来栄えがよければメス鳥との愛の巣になります。
 
 
 めでたく子どもも生まれ、育っていきます。
 
 
 
 スバラシイ! 

 世界一小さい鶴、アネハヅル。
 
 モンゴルの高原で繁殖したアネハヅルは冬が近づくと、巧みな飛翔術を駆使して5,000~6,000メートルのシベリア越えをする。
 
 V字編隊を組み
 抵抗の大きい先頭は交代しながら、上昇気流も利用しながら体力を温存し、厳しいヒマラヤ越えをする。
 
 

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なるほど!と思う日々(45... | トップ | なるほど!と思う日々(45... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

なるほどと思う日々」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL