昭和のマロ

昭和に生きた世代の経験談、最近の世相への感想などを綴る。

なるほど!と思う日々(474)安倍首相の謝罪会見

2017-06-20 04:22:26 | なるほどと思う日々
 安倍首相が森友・加計・「共謀罪」で野党、マスコミに翻弄され、今までの「知らぬ、存ぜぬ」方針を改め国民に陳謝した。
 ここへ来ての内閣支持率急落に危機感を感じたのだ。
 側近の萩生田内閣官房副長官の忖度もあからさまにされ、もう言い逃れは許されないと・・・。
 野党の挑発に対して、自分がムキになって反論した姿勢が悪かったというわけだ。 
 身内からも指摘があり、 野党からもその隠蔽体質を鋭く指摘され、       
 「加計問題」では自身のお友だち案件かもしれないが、地方から正当な手続きに基づいて提起された国家戦略特区案件である。 
 「共謀罪」に関しても、あくまで五輪・パラリンピックに向けたテロ対策であって、マスコミが懸念する一般の国民を巻き込むことないよう配慮すると強調した。 
 言い訳や頬被りではまずい、正面突破で行こうと、一強、傲慢と評される首相としては珍しい<謝罪会見>となった。

 
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小説「社長、ちょっと待って... | トップ | なるほど!と思う日々(47... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

なるほどと思う日々」カテゴリの最新記事