昭和のマロ

昭和に生きた世代の経験談、最近の世相への感想などを綴る。

エッセイ(376)オレたちファースト時代(12)

2017-04-07 06:12:17 | エッセイ
「人類ファースト」その3.
 人間は<生命>の不確かさに対する不安を払拭できない。
 それで、現実の生活を営む上で<金>とか<宝石>などの<無機物>に異常に執着する。        
 そして人間の歴史は、<錬金術>から始まる<科学技術>の手段に没頭する。
 行きついた結果は<水素爆弾>の開発だった。
 今や北朝鮮のような小国もこの技術を習得し、これで大国に「ボタンを押すぞ!」と脅しをかけている。
 
 結局、人類はこのボタンを押すことになるのだろう。
 そして自らの不安な<生命>を解消するために開発した<無機物>によって滅ぼされる。
 なんと皮肉なことよ!

 
 <好奇心コーナー>
 
 「奈良・大峰山の修行」   子どもも山頂の絶壁から身を乗り出す修行!

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エッセイ(375)オレたち... | トップ | エッセイ(377)オレたち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL