昭和のマロ

昭和に生きた世代の経験談、最近の世相への感想などを綴る。

エッセイ(387)100周年の井の頭公園に行ってきました。

2017-05-06 04:45:48 | エッセイ
 ・・・「おとうさん!」 呼ばれて振り向くこどもの日・・・
 
 井の頭恩賜公園が100周年を迎えたというので、昨日久しぶりに行ってきました。
 
 動物園前でバスを降りて向かい側の公園に渡った。
 <弁財天の池> ボートで遊ぶたくさんの人  
 200円払って<水生物館>へ入りました。 
 半券に<動物園入場券>が付いていたので、動物園に行くことに方針を変える。
 まだ午前中、11時前だというのに子ども連れで長蛇の列だ。 
 既に入場券を手にしていたので長蛇の列を横目に動物園に入場。  <迷子札>の用意までしてある。
 混みあっているのはモルモットのコーナー。
 コネコネ触りまくられてモルモットは迷惑そう。
 一方、鹿たちは日陰でのんびり休んでる。
 新緑と鮮やかな花壇は五月晴れの下、清々しい。 しかし、象の花子さんはすでにいないし、猿山には猿がほとんど見当たらない。
 人、人、人に圧倒されて疲れたので動物園を出ることにする。
 ・・・野外ステージに行く予定もやめにして、ジジイの100周年井の頭公園体験を終えることにした。 
 <好奇心コーナー>
 
 その(1) 一昨日には小池東京都知事と清原三鷹市長が来て、100歳のおばあさんのために植樹をしたんだって。
 その(2) 3年前、<麻雀会>の仲間と井の頭公園で撮った写真を、たまたま大学同窓生の奥さんがボクのブログで見て言った。「あれ、Kくんじゃない? 富山の中学校で一緒だった?」
 ・・・まさに奇遇ですね。
 
 今日と明日もお祝いが続きます。
 いろいろ行事が予定されていて、それなりに楽しいと思います。 ぜひ皆さんもお出かけください。
 

 


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エッセイ(386)ボクの心... | トップ | 女の魅力(65)和田明日香 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL