中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

鑫福隆(長安路)の家郷料理とは、食べて見ればあまり変わらないが。

2017-02-26 06:36:08 | 長安道
北方料理とは「上海」以北と聞いているが、はっきりしたことはあまり知識がない。様々な小皿料理が多い鑫福隆。その中でも、羊肉串のクミンかけ・スブタ・激辛煮込み・水煮魚辛子煮込みなどもおもしろそう(特徴ある料理)。小さな店であるが、入ってみると常連客が集まる店である。店頭に出されている土産ものから気に入ったものを買って帰るのも良いかもしれない。       . . . 本文を読む
コメント

そうか、料理は天香楼、カラオケは紫金楼と区分けがされているのかもしれない。

2017-02-25 06:52:10 | 長安道
中国4大料理が楽しめる金香楼。北門同様、壺料理も出し始めた。以前は、ワンコイン中華でデビューした店とは思えない。様々な料理・コースも楽しめるようになっている。相変わらずリーズナブルなランチ(600円)には、小鉢+サラダがつく。お得感のある物である。ランチでも楽しめるコースもある。意外とボリュームのあるランチは、4人程度でシェアできるかもしれない。     &nbs . . . 本文を読む
コメント

地味な店ではあるが、双明楼は「フカヒレ」を重視しているのかもしれない。

2017-02-25 06:37:29 | 福建路
相変わらず5週年記念の看板が出されているが、すでに開業して10年近くなっているのではないだろうか。私の勘違いかな。炒飯を始め、「フカヒレ麺」「フカヒレ丼」「フカヒレおこげ」などもそろっている。それも1500円程度の低価格、フカヒレの大きさは差だがではないが、家庭的な味が楽しめるはずである。こういう小さな店ががんばってくれる店であってほしい。       . . . 本文を読む
コメント

第38回 「季節のお勧め料理①」+馬車道・日本大通り地区散策 二次会  慶華飯店

2017-02-24 06:56:27 | 広東道
この企画は 私が引率します sosamu@ya2.so-net.ne.jp 参加したい方はご連絡ください。http://blog.goo.ne.jp/to-sai00/e/6d8f2d19c4aa613133a2e42472fb9cb6「中華街・横浜散策と食事(ランチ)を楽しむ」 PART7中華街にいろいろな食事を見せオリジなるのコース(料理)を食べ尽くしましょう第38回 「季節のお勧め料理①」 . . . 本文を読む
コメント

「中華街・横浜散策と食事(ランチ)を楽しむ」 PART8詳細 4月から募集

2017-02-23 05:36:54 | 街散策
この企画は 私が引率します sosamu@ya2.so-net.ne.jp 参加したい方はご連絡ください。   「中華街・横浜散策と食事(ランチ)を楽しむ」 PART8詳細   中華街にいろいろな食事を店オリジなるのコース(料理)を食べ尽くしましょう 中華街は、「路地歩き」「牌楼を確認しながらの町歩き」「中国茶」「料理体験」「コースを堪能」といろいろな事をしてきました . . . 本文を読む
コメント

第38回 「季節のお勧め料理①」+馬車道・日本大通り地区散策 「華正楼」ランチコース

2017-02-22 06:58:38 | 大通り
この企画は 私が引率します sosamu@ya2.so-net.ne.jp 参加したい方はご連絡ください。   「中華街・横浜散策と食事(ランチ)を楽しむ」 PART7中華街にいろいろな食事を見せオリジなるのコース(料理)を食べ尽くしましょう第38回 「季節のお勧め料理①」+馬車道・日本大通り地区散策平成29年2月21日(火)11時30分桜木町南口 フカヒレ料理を味わいた . . . 本文を読む
コメント

第38回 「季節のお勧め料理①」+馬車道・日本大通り地区散策

2017-02-21 08:28:20 | 大通り
「中華街・横浜散策と食事(ランチ)を楽しむ」 PART7詳細   中華街にいろいろな食事を見せオリジなるのコース(料理)を食べ尽くしましょう 中華街は、「路地歩き」「牌楼を確認しながらの町歩き」「中国茶」「料理体験」「コースを堪能」といろいろな事をしてきました。第三彈として、「いろいろな中華街のアプローチ」を実施し近辺の散策もしてみました。かなり横浜中華街も理解してきたと思います。今 . . . 本文を読む
コメント

新装した「好好亭」は経営者か代わったという噂も聞くが、「薬膳火鍋」の食べ放題もあるらしい。

2017-02-17 08:41:51 | 長安道
 家庭的な料理店から、食べ放題中心の店舗へ変化。私としては残念な変化であるが、よく見れば「火鍋」もやっているらしい。それも40種程度ぐらい選択できるらしい。時間制限もないので、のんびり過ごすこともできるかもしれない。薬膳ともしているので、体にも良いのかもしれない。肉も牛・豚数種の部位を楽しめるらしい。         &n . . . 本文を読む
コメント

最近西門入口の飲食店は、東北・山東料理が多い。東北地方では羊肉を多用するらしい。一品閣。

2017-02-16 07:57:54 | 西門通
ラム(羊肉)が角を囲むような場所で楽しめるようになっている。串焼きが多いが、その他の物でも楽しめそうな料理が多い。ビールなども安い店。小皿料理も楽しむ事ができる。特徴はこのあたりでも楽しめそうである。「山東餃子」と羊串のコラボも楽しいかもしれない。たとえばビール3杯(840円)+羊串3本(360円)+山東水餃子(380円)で、1580円。十分なチョイのみかもしれない。中華街で違った楽しみ方かできる . . . 本文を読む
コメント

東北人家は、何かすごい鍋がある。「海鮮大咖(シーフードダーガー)」。

2017-02-15 07:27:34 | 西門通
どうやら8人から10人手食べる大鍋のようであるが、見た目には非常に豪快。①赤海老②あわび③ホタテ④ワタリガニ⑤牡蠣⑥あさり等が入っているらしい。麻婆仕上げなので、ピリ辛らしい。ょうかいの芋煮風というのがおもしろい。10人程度でどんと鍋を囲み、食べていくのもおもしろい。海老だけでもすごい量が入っている。食べ応えもあるような気がする。       中華街、 . . . 本文を読む
コメント

中華街で久しぶりに「チョイのみ・福盛楼」。16時のランチ+焼売+ビール3杯。

2017-02-13 06:46:35 | 市場通り
 中華街では夕刻までランチを提供してくれる店が増えている。福満園の姉妹店である福盛楼も最近そういうパターンを出している。意外と小さな店舗は、1階は5席程度。そういえば以前は酔楼本店が入っていたような気がする。中華街で浮き沈みする店舗は様々な工夫が必要なようである。  ほぼ夕刻、店内には先客2名。親子・男女の方。奥の方が空いていたので、座らせてもらう。空いているときは相席も当然無いのでのんびりでき . . . 本文を読む
コメント

名前は中華街を代表する感じ、「中華街大飯店」。2年前ほどに開業した新しい店である。

2017-02-11 07:07:25 | 西門通
食べ放題も2ランクもオープン、オープン記念(いまだに継続中)も2ランク。利用する客側にもありがたい設定である。北京烤鴨の食べ放題も大きくPRしている。でも食べ歩きで北京烤鴨を食べ手もおいしいのだろうか。テイクアウトも熱心。とにかく多角経営の発想なようである。         西門にできた名前が立派な「中華街大飯店」、ついに北京ダックの食 . . . 本文を読む
コメント

大珍楼はすでに70年、中華街では老舗でも古い方であろう。食べ放題もワンランク上を提供している。

2017-02-10 05:58:12 | 西門通
大珍楼は以前中華街でも3店舗維持していた。現在は西門の本店、大通りの新館の二店舗。今は食べ放題にシフトしているが、開業当初は、薬膳料理。当然現在でも維持はしているが、本格的な薬膳料理はこの程度では食べられないはず。価格戦争には加わらず、一定以上の料理を維持してくれているのはありがたい。以前はランチも提供していたが、最近は見られないのが残念である。     &nbs . . . 本文を読む
コメント

金香楼は時々おもしろいものを出す。「三汁燜鍋」食べられるのは、小尾羊らしい。

2017-02-09 10:59:18 | 北門通り
中華街も冬の時期は多くの鍋仕立ての物が提供される。金香楼(小尾羊)は薬膳鍋の専門店。いろいな名企画を提案してくれる。いまいまで2種3種の鍋は出されていたが、今回はだしにこだわったようである。それも2段階3段階に分けて作られた鍋。だし鍋としゃぶしゃぶ鍋を一度に味わえる物があるらしい。不思議な物であり。あまり想像できない。でもおもしろそうである。       . . . 本文を読む
コメント

福満園も系列店を踏まえれば4店舗程度に。福建料理と四川料理の融合を味わえる店。

2017-02-08 07:20:58 | 北門通り
確か蒲田あたりから中華街に進出してきた店舗。女性店長がカラオケを設けた部屋などを準備するなど中華街には取ってはある意味で一石を投じたのかもしれない。現在では金香楼程度しかカラオケボックスを維持していないかもしれない。四川火鍋この季節には絶好かもしれない。やはり中華街ではおいしい中華料理を食べたいもの、最近はそちらに特記仕始めてのがありがたい。私も2度ほど個室(カラオケボックス)を利用したが、おもし . . . 本文を読む
コメント