飽食山河

詩を書いています。感想、コメント歓迎です。

さよならトマト

2017-04-04 20:00:26 | 2017.03

トマトの三つは無限の塊で

はぐれたトマトを探して世界へ

 

星は無数

保護されている

トマトだもの

 

何のために生きているとトマトは仲間に問う

砂糖や

または油で

味つけされるため

二つのトマトは泣いている

 

別れを哀しんで泣くさ

季節がないのだこの世界には

花を見たか

誰か

自分らの花咲くところを憶えているか

 

ない

トマトには過去がない

さすれば脱出

シュプレヒコール

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 黒い花 | トップ | 洗たくバサミ »

コメントを投稿

2017.03」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。