飽食山河

詩を書いています。感想、コメント歓迎です。

私は鳥

2017-02-13 17:02:20 | 2017.01

私は鳥だ

水に立つ鳥

このまえ気付いたのが

魚が脚を食ってやがる

脚がほとんどなくなってしまった

立っているのではなく

ずいぶん前からもう浮いていたのだ

魚はまるまる太ってやがる

くちばしを突っ込んでやったら

自分の体が溺れそうになってしまった

脚の水かきがないとこうも不便か

しかたなく私は水に揺られる

風が吹けば羽根を広げそれを受ける

私は移動する

食べられないので痩せて死ぬかもしれない

空を飛んだのはいつのことか

夢の中ばかりで飛んでいたので忘れていた

羽根がすっかり固くなっている

魚がこちらにつうと来て

口をぱくぱくして死んだ

ここは毒の池なのかな

魚は眠らないので苦しみながら死んでゆく

私の脚を食べたやつらが次々に死んでゆく

私は鳥だろうか

毎晩考えては不安とともに目覚める

私は魚になればいいのではないか

ふとそんな思いつきをする

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 蠅にマスク | トップ | きみにあえたら »

コメントを投稿

2017.01」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。