飽食山河

詩を書いています。感想、コメント歓迎です。

地震のあった朝

2016-12-13 17:32:21 | 2016.11

耳の奥がいつまでも熱を持つから

夢にたどりつけないでいる

夜よ すまない

また今度にしてみるよ

秋の朝は暗くはじまる

いつまでも明けないと思ったら

そこは夢なんだ

地震があったみたい

だけど布団をかぶりなおしてねた

夢をたくさん見るのは不安でいっぱいだからか

たまにどうしようもないことを考える

揺れている

いや 目玉が落ち着かないだけかも

くちびるがとろけそうな

熱く恥ずかしい夢を見ていた

おかしいな

純文学ではなく

幾何学の本を読んで眠ったのに

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 名前 | トップ | 原風景荒れ野 »

コメントを投稿

2016.11」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。