飽食山河

詩を書いています。感想、コメント歓迎です。

愛ってなんだ

2017-02-04 16:38:54 | 2016.12

肺のY字路の部分に

ぜろぜろとした重みがある

夕べ人に交じったせいだ

ドアーを開けて入ったせいだ

 

偽悪癖のあるきみを思う

愛ってなんだよ

遠回りなしに答えてほしいもんだ

Y字路の交差が燃え広がって

私はようやく失敗を思い出す

 

愛ってなんだよ

体の中にあるものかい

冬が消えても残るのかい

人は通り過ぎながら

ウイールスの交換をしているんだ

コメント

冬の町

2017-01-28 16:38:31 | 2016.12

新しい歌ができるとき

町は変わらずどこかしら

重機に手入れされていた

終わらない 冬の町

ひびわれて ふるえてる

 

秋は実はそこかしこ

こぼれて泣いて座ってる

魚売りの足あとが

雲に登って消えて行く

この町の空には音がない

 

かわいそうなものばかり

見つけては息を吐く

まっすぐすぎて遠い場所

思い出の中でさまよって

ひとつふたつと夜が来る

コメント

最低野郎

2017-01-24 16:37:50 | 2016.12

私は最低の自由野郎だ

お陀仏 お陀仏

他人の不幸ばかり身につけて一見立派なふるまいをする

心を金以上の汚いもので満たす最低野郎

信心 信心

 

人差し指をちょっとなめて

ちゃぽんとつっこみ渦を作る

最初は気付かれないよう味見のふりをする

徐々に回して大潮を作るんだ

馬鹿みたい 最低だろ

 

溺れると哀しみも喜びも同じ

ただの渦

こんなことやってりゃ体のあちこちをなくす

昨日は食道壁をもってかれた

私は最低の自由野郎だ

 

約束とれない歯もみがかない

脳味噌にもたくさん役割があるらしいけどどうでもいいな

ジャングルの鳥みたいに着飾って遊んで暮らす

それが理想かつ現実

この世に居場所のないお陀仏野郎

コメント

月夜

2017-01-19 16:08:49 | 2016.12

月が曇っていますね

そうですね

きれいですか

どうでしょう

お菓子のようですね

そうかもしれません

曇っていてやわらかい

……

夜ですね

月が出ていますものね

向こうへ渡りましょうか

寒いですね

半月でしたね

ええ そうでした

笑っているような

座っているようでした

半月が私は好きです

……

寒くなりましたね

ほんとうに

隠れたいくらいだ

ええ ほんとうに

寒い  とても  寒い

ええ

とても

コメント

買物

2017-01-17 14:39:29 | 2016.12

なっとう 酒 ぎゅうにゅう ネギ

と唱えながら自転車をこいでいると

ミズノさんに似た人を見た すると

ナイフ 財布 ぎゅうにゅう 劇

となった

今思えば私はミズノさんが嫌いなのではなく

ミズノさんを知っているからだと思う

なっとう 酒 劇 収入

ネギ 牛乳

 

気分を変えて信用金庫の花壇を眺めた

まぶしいまぶしい一年草だ

街宣車にも負けず

預金しろ預金しろと呼びかけるマアム

なっとう ネギ ぎゅうにゅう ……

コメント

シクラメン

2017-01-15 09:00:34 | 2016.12

シクラメンは捨てられる

むしられてむしられて

食われて食われて

じょきじょき切られて

ぐだぐだに腐って

いちばん小さい組織まで全部全部こまかくなるまで

冷たい場所に置かれて

犬にじっと見られて

蠅がぷーんと飛んできて

毎日毎日毎日そこにいることを飽きられて

いじめられて

つらくてつらくて

恋人にもふられて

今日も散って

むちゃくちゃに投げつけられ

帰る場所なく捨てられる

来年またスーパーで売られる

コメント

快速の夜

2017-01-12 16:36:38 | 2016.12

夜通し食べてたのん

プラスチックのいろいろ

汚れてても気にせずに

涙・鼻血・脂汗

出していこう

 

青い海

黒い海

黄色い海

全部しってる

全部みたことある

 

起きてるの

お腹出てる

風邪ひこう

わたし船とマストと櫂といかりになる

人生は旅だから旅をする

誰も見てなくても走ってる

コメント

しるし

2017-01-09 02:31:45 | 2016.12

はがれたものをしるしとする

買ったものだけどはがれたので

もう少し大切にしたいと思った

だってはがれたときせつなかった

色もいつの間にか変わってた

それだけ時間が経ったんだね悲しい

はがれたもの

私の体からも次々とはがれていく

しるしたち

ゴミ箱に捨てた

ゴミ箱そこから生きてきた

死にたくないと

死にたくないと

はがれてもはりつくと

隙間風吹く

そうするとたくさんはりつくものがある

私は一瞬入ってこないでと思う

入ってこないでと口にする前に戸惑う

ゆるすことが大切だと習った

ゆるせないことはだめかと自分を責めそうになる

小さく小さく

生きればいいかとなぐさめる

しるしは拾って元に戻せば

はがれていないものとして

しるしをまったく別のものとして

買っていないことにして

置いてあったこともなかったので

得意にしている忘れ方をする

風が十度上昇した

コメント

四角い頭

2017-01-04 06:48:48 | 2016.12

四角い頭の男がいてね

いつもそこに立ってるの

男の頭を電車が通り

八両編成で人を運ぶ

男の胸を商店街がめぐり

人は買い物したり歩いたりするよ

大きなトンネルを出たところには

お寿司屋さんがあってね

海老がいつも美味しいんだ

屋台も出ている

金髪のお兄ちゃんが寿司を握る

女の人もいるよ

誰かしらに声をかけるの

とにかくたくさんの人がいる

そこにいて動いてる

コメント