Twit No Nukes 和歌山

和歌山から脱原発!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発さよなら行進@和歌山1無事終了

2012-07-23 09:58:02 | おしらせ

和歌山のデモ無事終了しました!

県内外から約200人もの方が「原発は要らない」と言う思いを胸に集まってくれて感激しております。

今回はとりあえず主催、企画、チラシデザイン、幕、警察の申請を一人(嫁も手伝ってくれましたが)やらせてもらいました。

一人で考えた分、はじめは50人くれば上出来、コースもとりあえずここでいいか。と考えていましたが、県外から来てくれる方への配慮(バスの時刻表、近隣のパーキングなどの値段)、はじめは西の丸広場の詳しい場所もお知らせせずに前日にアップしました。

デモコースも沿道の人がちょっと少ないとの印象もあります。

この辺は次回のデモに繋げる反省点ではあります。


警察の方にお礼を言うてるのがびっくりしたとの声もありましたが、警察の人も色々協力してくれて中には大阪関電前まで1人で様子を見に行ってくれた人までいます。申請人数150人を超えてしまってもそれを想定して動員も増やしてくれていました。

原発も危険ですが、車にひかれるのも危険です。

それを警備してくれてる、反原発デモを守ってくれてる事は立派な反原発ではないでしょうか?(立場上口には出せないでしょうが。)

終わった後も「ほんま、良かったな」と声をかけてくれた。

お礼を言うのはふつうの事。

対立してる間は良い流れにならないんじゃないかな?と思います。


なにはともあれ、人々へのアピールも少ないけど出来たし、何より和歌山での政党も団体も全く関係ない一般の方がとりあえず一回集まれた事が第一回目の目的だったので大成功だったと思います。

何も言わなくても人数数えてくれた方、シュプレヒコールをしてくれた方、そこに疲れているだろうと交代してくれてる方、大まかなキマリのない中、自然に相手を思いやり笑顔がたえず行進している様は人間の綺麗な部分を見れたと思います。

ホントに皆様お疲れさまでした!

こんな事しない世の中が一番ですが、全原発廃炉になるまで続けて行きましょう!
ジャンル:
モブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発さよなら行進@和歌山 1 | トップ | 次回のデモ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (金原徹雄)
2012-07-23 15:36:05
お疲れ様でした。本当に良い企画でした。心から感謝します。twitterをやらない私のような旧派の人間にもついていけるように、このブログでの発信もよろしくお願いします。なお、日曜日のこの時間帯、和歌山城周辺の人出はいつもあまりないですね(関電前は閑散としています)。例外は花見のシーズンですが。同じ和歌山城周辺なら、土曜日の方が少しは多いかな(大差はないかも)。全国的に「金曜日の夕方」が多いのは、周囲の人出と参加者の都合のベストマッチングなのかもしれませんね。
昨日はおつかれさまでした。 (ユウサン)
2012-07-23 19:14:20
共に参加させて頂いた島津雄造と申します。
原発が続く限りデモンストレーションは続けて行きましょう!
私はブログではなくFBで映像と共に書き込みをしています。
島津雄造でFB(フェイスBOOK)に登録しています。
良かったら覗いてみて下さい!
Unknown (Rock)
2012-07-24 01:36:26
皆様お疲れ様でした!
写真等まとめましたので,宜しければご覧下さい.

http://mannequeen.net/~rock/nonukes/wakayama1.html
お疲れさまでした。 (瀬能)
2012-07-24 22:02:45
気持ちのよい日曜日でした。
私のフェイスブックに写真を貼ってありますのでよろしければ。☟
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.426128104094890.90623.100000931132357&type=1&l=628dce5136
ほんとお疲れさまでした (還暦のヒッピーことゆったりkこと川村史郎)
2012-07-25 06:28:33
遅まきながら本当にお疲れさまでした。コメント読んで初めて知ったんですが、何から何まで娘さんと二人だけでやったとは本当に驚きですし、私も若かりし頃からいろんな所でいろんなデモを経験してますが、この和歌山でこんな企画方法で、あんなスタイルのデモが200人規模でできたなんて、本当に大成功です!!
誰かも書いておられましたが、デモ自体がどれほどの効力を持つかの問題ではなく、一人ひとりが変わることになる最初の一歩がデモへの参加です。私自身はもうじき還暦を迎えるので、今自分としてできる最大限のことをしようと、自宅にはソーラーパネルを設置し、エアコンはほぼ使わず、車も極力やめて自転車中心、車は荷物がある時だけで、信号待ちではアイドリング・ストップなどなど・・・何とか孫やひ孫たちのためには、原発のない社会を残したい一心です。
最後にfbに動画アップ全体公開してます。どこでも転載okです。今度またやる時は声をかけてもらえれば手伝えることあれば何でもやりますよ。時間もたっぷりありますので!
追伸コメント (ゆったりk)
2012-07-25 07:11:07
一つ書き忘れました。若い人が多かったので、今私たちの暮らすこの紀伊半島に原発が一基もないことには大きな運動の歴史があります。日高、日置川、那智勝浦など、関電の建設計画を漁民をはじめ地元住民を中心に、和歌山市民や県外の市民が一体となって反対し、計画を断念させてきた歴史です。
もう30年近く前になりますが、日高では、建設受け入れの可否に決着をつける漁協総会の時に、前日から地元の漁港空地にテントを張って泊まり込み、当日には反対派漁民の支援デモが県外からも含めて1,000人規模で行われ、遂に反対派が勝利した時の感激は今でも忘れることができません。
この一気の原発も建てさせなかったという点は、数少ない和歌山の誇りの最大のものだと思っています。当時も関電は「このままでは将来の電力供給不足云々」と言ってたのだから、やはりその嘘が現実をもって証明されているということです。
と同時に翻って考えればその分福井や島根の県民にしわ寄せが行っていることになり、せっかく止まったものを再稼働させない、再稼働してしまったものも再停止させる(きっとその内トラブルでこっそり止める?)運動は、和歌山県民の立場からもとても大事なことだと思っています。
Unknown (種まき)
2012-08-06 14:53:14
すごく良かった。またやりましょう。
参加すると意識が変わりますね。

やっぱり体を動かす、意思を表明する、
コレとっても大事と思いました。

和歌山だけじゃない、日本中で、声が上がってる。
自分たちのことは自分たちで決める。
これこそ民主主義の真髄。私たちの権利だ。

デモは合法。やったろうじゃねえの。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。