手も足も出る技術士「平ねぎ」の無為徒食日記

心にうつりゆく由なし事を綴っています。

大晦日の詩

2016-12-31 08:59:11 | 短歌・詩
ある大晦日の夜の記憶

その夜は粉雪がふってゐた、
わたしは独り書斎の机の前に坐って
遠い除夜の鐘を聴いてゐた。
風の中に断続するその寂しい音に聴き入るうち、
わたしはいつかうたた寝したやうに想った、
と、誰かが背後からそっと羽織を着せてくれた。
わたしは眼をひらいた、
と、そこには誰もゐなかった、
羽織だと想ったのは静かにわたしの軀に積った一つの歳の重みであった。

(西條八十)


よい年をお迎えください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥居君、君らは中学生か? | トップ | 広島は大雪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌・詩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL