手も足も出る技術士「平ねぎ」の無為徒食日記

心にうつりゆく由なし事を綴っています。

見ろ!国民がゴミのようだ(2)

2017-04-05 19:31:26 | 政治問題


16分20秒からご覧ください。

城内実>
日本人にとって一番大事なことは何か、私は皇室であり国体であるといつも思っております。
我々の歴史と伝統、文化、国柄をしっかりと護るためにも、
皇室をしっかりと支えていかなければならないと思っております。
私は法務委員会の委員として、これまで千葉景子法務大臣、江田五月さんとか、平岡さんとかですね、
もうあの今の小川大臣も人権擁護弁護士なんですね。
一番まともだったのは、「法と証拠に則って適切に対処します」と言えば何でも答弁できる
と言って一ヶ月で辞めた柳田さんだけでした(笑)。
こういった革新的な人権擁護派の方が今人権侵害救済機関という訳のわからないものを作ろうとしております。
敵は反日日本人であります。
日本人になりすました
日本人と戦っていくのが
我々の使命ではないでしょうか。

中国○から急に話せばわかるようになったり、あるいは、
日本の技術が○○まなくなったら、それは中国のせいではありません。
○○になってしまいます。
ですから、我々の当面の敵は日本にいる反日日本人と戦うことであります。
頑張りましょう。


「日本人にとって皇室や国体が一番大事」は馬鹿馬鹿しすぎて笑うしかないが、
敵は日本人だという発言は看過できない。
かりにも日本国民に選ばれた国会議員が、
自分の意に沿わない国民に「反日日本人」のレッテルを貼り、
敵視し、戦うべき相手である、と公言する。
こんなことが許されるのか。
日本国民は怒るべきだ。
この男はどこかの国から送り込まれたスパイなのか、
それとも、
どこかの国から送り込まれたテロリストなのか。


城内実の政治理念

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詐欺メール | トップ | 排気筒に新たな破断 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL