手も足も出る技術士「平ねぎ」の無為徒食日記

心にうつりゆく由なし事を綴っています。

「精神文化を学べ」―内館牧子―

2013-08-29 12:30:43 | 将棋
将棋ファンの皆様、こんにちは。食後のコーヒーを飲みながらくつろいでおられることでしょう。今日は将棋世界7月号に掲載された内館牧子氏による「精神文化を学べ」と題する連載記事を紹介しましょう。なお、食事中の方は読まないほうが良いです。吐くかもしれません。

『週刊新潮』(13.4.25号)に、次の記事があった。
<入玉でコンピュータと引き分け「塚田九段を泣かせた非礼感想戦」>
これはご承知のように、現役棋士五人と五種類の将棋ソフトが対戦した「電王戦」の第四局である。この団体戦は、早くから話題になっていた。同誌によると、入玉で引き分けた塚田九段の涙した理由のひとつは、今回のソフト「Puellaα」を開発した五十代男性のひと言だったという。「入玉への対策はしていましたが、なおざりだった。名局と言われた前の2戦と比べて、つまらない将棋になってしまった。勝ちを逸したけど仕方ないです」
同誌はこの言い方に対し、「ベテラン棋士」の言葉として
「棋士は、自分が指した悪手を″つまらない手″だと言うことはあっても″つまらない将棋″だとは絶対に言いません(中略)やはり、それは相手に対して、尊敬の念を持って戦っているからです」と書いている。うなずく人は多かろう。
私は開発者の発言を読んだ時、「五十歳にもなって、教養がないんだなァ。相手にするだけ無駄だわ」と思った。
むろん、開発者としては、人間に圧勝するソフトを開発することは第一義だ。しかし、衆目が集まる中で戦う以上、少なくとも将棋界の精神文化を、ザッとであっても学んでおこうと思うのがその人の教養というものだ。この五十歳男性は、「将棋」という相手の舞台で開発の仕事をしながら、その文化や伝統、歴史などにはまったく無関心だったのだろう。とにかく、強いソフトを開発することに心血を注いで来たのだろう。だが、たとえそうであっても、相手への敬意として文化や精神を学ぶ姿勢が教養というものだ。
一方、4月19日の秋田魁新報に、比較すると面白い記事が出ていた。囲碁棋士の井山裕太さんが、張栩棋聖からタイトルを奪い、碁界初の六冠となった際の様子である。終局後、井山さんは張さんの気持ちに配慮し、喜びを表さないよう努めていたことに、周囲は気づいていたという。二十三歳の井山さんの態度に対し、五十歳の開発者は「つまらない将棋」と言った。これを「開発者は部外者だから」で看過してはなるまい。井山さんの態度について、同紙は書いている。
「自分には喜びでも相手にとっては悲しみであることを、若き天才はよくわかっているのだ」
こういう抑制の精神は、将棋、囲碁のみならず、柔道や相撲などの武道にも、日本独特の文化として共通する。「中高年」と呼ばれる年齢になってもなお、それさえ知らぬ人に腹をたてたり、泣いたりするのは無駄以外の何ものでもない。


私はこれまで、このように呪われた文章を読んだことがありません。内館牧子(以下著者と呼ぶ)という人は、魔界の住人なのでしょう。近寄らないのが良さそうです。うっかり近寄ると祟りがあるかもしれません。とはいうものの、せっかくキーボードから手打ちで書き写したので、少し感想のようなものを述べることにします。

「Puellaα」を開発した五十代男性、という言い方は、嫌らしいですね。胸が悪くなりそうです。普通に伊藤英紀氏と書けばいいのにね。訴えられることを心配したのでしょうか。
ところで、将棋界の精神文化って何ですかね。私には何のことかさっぱりわかりません。まあ何だっていいや。七十歳にもなって教養がない人、が書いた文章ですから、深く考えるだけ無駄ですね。
さて、ここから本題です。
著者は、伊藤氏が記者会見で述べた次の一言を激しく憤っています。
「入玉への対策はしていましたが、なおざりだった。名局と言われた前の2戦と比べて、つまらない将棋になってしまった。勝ちを逸したけど仕方ないです」
私は何度読んでもおかしいとは思いません。伊藤氏の誠実な人柄がそのまま表れているように感じます。
この将棋は正直つまらないです。どんなに取り繕ってもつまらない将棋としか言いようがありません。つまらない将棋にした責任は、第一に伊藤氏にあります。9五銀とした時点で大差だったのですから、そのまま勝ちきれば何の問題も起きなかったのです。Puellaαの入玉対策が不完全であったために、鑑賞に堪えない将棋になってしまいました。そのことを、伊藤氏は素直に詫びているのです。どこがいけないのでしょうか。
著者は最後の方で、『これを「開発者は部外者だから」で看過してはなるまい』と書いています。大きな間違いです。伊藤氏は部外者ではありません。伊藤氏はソフトを通じて塚田九段と戦ったのです。伊藤氏と塚田九段はともに対局者であり、対等の立場です。著者は、伊藤氏が対局者の塚田九段に敬意を示さなかったことを理由に、もう一人の対局者である伊藤氏を罵倒しているのです。彼女はその矛盾に気づかないのでしょうか。
それにしても、誹謗中傷満載の文章を掲載する日本将棋連盟はどういう団体なのでしょう。このような非常識極まりない団体は早く消滅してほしい。心からそう思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縁側のうた | トップ | 秒針が止まる時計 »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まるーべり)
2013-12-22 00:31:32
これで提訴になる。
Unknown (平ねぎ)
2013-12-22 06:49:52
伊藤さん、訴えたんだね。
こころより応援します。
頑張れ!!
Unknown (八稜鏡)
2013-12-22 11:06:01
この程度の文言で訴えられるのなら、
文筆活動など不可能であろう。
Unknown (てす)
2013-12-22 16:00:42
>>八稜鏡

問題は
伊藤の意図や発言を捏造して伊藤を中傷していることですよ
捏造をして中傷することは、犯罪行為なのでそれの掲載を許可した将棋連盟も危ういですね
Unknown (平ねぎ)
2013-12-22 17:26:25
そうか、全文引用は著作権法違反なのか。
うっかりしてた
内容を削って部分引用にすることもできるけれど、
部分引用で内館氏を批判するのはフェアじゃないからな~
Unknown (平ねぎ)
2013-12-22 17:46:55
著作権法違反で訴えられるかも

まあ、訴える前に警告があるだろう。
そのとき考えよう。
Unknown (通りすがり)
2013-12-23 01:13:08
いやいや全然名誉毀損にはならないでしょう。
つまらない将棋っていうのは本当に最悪の言葉だと思います。
Unknown (ちき)
2013-12-23 06:10:19
今回の伊藤さんの主張は完全に正しい、連盟は謝罪するべき

二回電王戦の伊藤さんは紹介VTR見ても分かる通り対立図を明らかにして宣伝するためにはヒール役は元会長倒したソフトしかない納得の上で
伊藤さんの「普通の将棋を指して欲しいかな、お客さんはそれを望んでると思います、でも勝負なんで何やってもいいです」
ここまで言われてるんだから塚田さんはプロとして前者の立場に立って欲しかった、初めから負け戦を承知で入玉狙いで引き分けってほんとつまらん
将棋ファンはこんな涙に感動したり男らしいとか言ってるけど理解に苦しむ

本題ではないけど涙の理由の1つが伊藤さんの発言扱いされてるがどうしても謎が解けない
記者会見前に引き分けになった時点でハンカチ取り出して盤面で号泣しだした塚田さんに盤面に居ない伊藤さんがいつそれを言うタイミングがあったの?

と思ったけどソースの著者は魔界の住人らしいから祟らないでください、本当にすみませんでした、この通りです、連盟最高!連盟関係者も人格者だなあ
Unknown (猫ちゃん)
2013-12-23 08:37:04
将棋連盟って、過去に名人戦問題もやらかしてますからね・・・
今回も謝罪拒否とか意地張ってるし・・・

まぁいつものことなんですけどねw
著作権侵害 (あら)
2013-12-23 16:59:54
このブログの方が犯罪だろう。
Unknown (平ねぎ)
2013-12-23 18:12:01
いけないのかなぁ。

【著作権法】
(引用)
第三十二条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
Unknown (平ねぎ)
2013-12-23 21:17:20
Wikipedia によると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8#cite_note-5

***
引用は権利者に無断で行われるもので、法(日本では著作権法第32条)で認められた合法な行為であり、権利者は引用を拒否することはできない[3]。権利者が拒否できるのは、著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載等に限られる。

<中略>

文化庁によれば、適切な「引用」と認められるためには、以下の要件が必要とされる。

ア 既に公表されている著作物であること
イ 「公正な慣行」に合致すること
ウ 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること
エ 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
オ カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
カ 引用を行う「必然性」があること
キ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)
***

主従関係がすこし怪しいかもしれないけれど、他は問題ないと思う。違う?
Unknown (平ねぎ)
2013-12-23 21:39:11
全文引用はいけないんだ、と言う人がいるけれど、部分引用したら、著者がなぜ批判されているのか、読者に十分に伝わらないと思うよ。著者が執筆意図を超えて不当に批判されないようにするには、全文引用はやむを得ないのではないかな。
Unknown (全文引用OK)
2013-12-23 22:17:26
必要な場合は全文引用も認められます。そうでなければ、俳句、短歌、詩、短い記事やエッセーに対しては、まったく批評できません。しかも部分引用によって著者本来の主旨が歪められてしまっては、本末転倒です。

そもそも一流棋士達でさえ度々もらすような「つまらない将棋」という普通の発言が、なぜ教養(相手への敬意として文化や精神を学ぶ姿勢)がないことに繋がるのか、全文を読んでも理解不能なわけですから、部分引用なら尚のことです。

全文引用に文句を言うのであれば、全文引用しなくてもよいように客観的で理路整然とした文章を書いてほしいものですね。
Unknown (平ねぎ)
2013-12-23 22:30:58
全文引用OKさん、ご教示ありがとうございます。これですっきりしました。
Unknown (ヤフ二ーちゃんねら)
2013-12-24 00:09:59
引用として文章を掲載する条件は満たしているので著作権侵害ではないですね。

それにしても、「呪われた文章」というのは単純ながらも非常にしっくりとくる表現ですね。
この件についてよく知らない読者の印象を悪い方向へ確実に誘導しようとしているように見えます。
著者は悪魔だと言われても全く疑いを持ちません。

発言の意図を捻じ曲げられた本人の気持ちを考えれば訴えられても仕方がないと思います。
Unknown (猫ちゃん)
2013-12-24 12:17:55
こんなオバさんに連載をさせて、なおかつ内容に注意もしないで掲載しているいる将棋世界とは何なんでしょうね・・・
編集部には猛省を促したいです。
立場の違い (荒菊)
2014-01-05 04:19:55
「つまらない将棋」と言う言葉自体は、棋士よりで見ていた一般層には、印象が悪いですね。私もその1人でしたが、発言の裏をネットで憶測すれば悪意がないのは分かりました。女史は最初の印象で、発言者の人間性を掘り下げなかったので、上記の文章になったのでしょうね。どちらの対応も、相手の立場を憶測する行為にかけている気がします。
Unknown (通りすがり2号)
2014-01-06 14:44:09
生身の人間が、悩んで苦しで、必死になって指し続けた将棋を「つまらない将棋」というのは、実際にその将棋を真剣に指していた人間なら、絶対に言えない言葉です。
第三者から見れば、伊藤さんの言葉は素直で分かりやすく、完結した言葉に聞こえるかもしれない。
しかし、指していた塚田九段の心中を察すると、どうにも納得できないと思うのも理解できます。
だからと言って今回、問題に上がった内館さんの記事が許されるわけではない。
どちらも応援したいとは思えない裁判。
荒菊さんと同意見です。
Unknown (平ねぎ)
2014-01-06 19:31:54
将棋界に精神文化なるものがあるとすれば、「棋譜を汚すな」でしょうね。
おいおい (Unknown)
2014-01-07 21:21:26
内館、これを書くんだったら(しかも「専門誌」に)ニコ生アーカイブ見ろよ。精神文化を冒涜する文脈で伊藤さんが言った訳ではないのは明らかだぞ。
内館は、東北大学の大学院に入ってから引用の根拠を示せと叱られたと書いていたが、原典への敬意がないのは直らなかったんだなと思うわ。
u-nn (うれしい子)
2014-01-17 16:32:30
ブログ主さんには悪いけど
読んだぎり、内館が悪いとは思わないな。

Unknown (Unknown)
2014-02-07 22:49:18
碁の例えは不味かったと思いますね。「つまらない碁」とかはよく言います。○田さんはNHK杯でも言ってた記憶があります。将棋に比べおとなしく見える碁のほうが実はエキサイトした場面が多いと思いますね。ですので、今回碁を例えに出して批判するのは単純に浅い知識で言ってる。おそらく伊藤氏に対して憎しみみたいなものが存在するのでしょう。
Unknown (まぁ怖いのはよくわかるけど)
2014-02-19 22:15:54
この程度で提訴てw
内館の文が悪意満ち溢れる文章だってのは同意するが,名誉は自分の言葉で守れよな,伊藤さん。

つまらない将棋発言に限ったことじゃなく,これまでの言動を総合して将棋界から睨まれるってことは,自身が一番分かってんじゃないのか?

信念あった行動なら堂々と反論しろよ。

大した考えもなく思いついたこと調子の乗って発言してただけだから,説得的な反論できんのだろ?
Unknown (平ねぎ)
2014-02-20 08:34:26
↑伊藤さんのブログに書いてね。
http://aleag.cocolog-nifty.com/
Unknown (Unknown)
2014-03-30 03:24:35
そもそも「つまらない"将棋"」発言自体がプロ棋士の羽生さんも言うほどありふれたフレーズなんだけど・・・そのフレーズを使った棋士が尊敬の念を持ってないって書かれないのは何故だ
Unknown (ザック)
2014-05-21 22:33:00
伊藤さんのブログから飛んできました

将棋連盟はこの裁判に負けそうですね
反論の証拠が2chとはw

早めに非を認めて謝罪した方がいいのに
そういう大局観はないんだなぁw
Unknown (平ねぎ)
2014-05-22 09:01:36
2chですか。笑
将棋連盟らしいな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL