手も足も出る技術士「平ねぎ」の無為徒食日記

心にうつりゆく由なし事を綴っています。

夏の歌

2017-08-13 09:47:21 | 短歌・詩

論理するどく行動きびしき学生の多くは戦ひに死す

(岡野公彦)

学生運動の渦中にあった大学教授がえがく学生の肖像。
論戦を挑む学生の父親の多くは戦死しているという事実。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爽やかな朝 | トップ | 存立危機事態の歌-アメリカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL