手も足も出る技術士「平ねぎ」の無為徒食日記

心にうつりゆく由なし事を綴っています。

瑞穂の國安倍晋三記念小學院(2)

2017-02-23 20:58:32 | 安倍晋三
(2017.03.08)



(2017.02.23)

>安倍夫人
安倍首相が、「総理大臣というのはいつもいつもいいわけではなくて、時には批判にさらされることもある。
むしろ
名前をつけていただけるのであれば、総理大臣を辞めてからにしていただきたい」と答えた。

>森友学園の籠池園長
瑞穂の国、
安倍晋三記念小學院という名前を銘打たせていただく予定でありましたけども、ご夫人、というか名誉校長のほうから
おっしゃっていただいた主旨で
、瑞穂の国記念小學院という名前でおさまってます。

安倍首相
また、同学園が「安倍晋三記念小学校」の寄付者銘板に名前を刻印して顕彰する、との文言で寄付金を集めていたことを
知っているかとの福島氏の問いには、「いま話をうかがって初めて知った」と答弁した。
そのうえで「
私の考え方に非常に共鳴している方から、(2007年に内閣総辞職して)首相を辞めた時に
『安倍晋三小学校にしたい』という話があったがお断りした。

まだ現役の政治家である以上、私の名前を冠にするのはふさわしくない。私が死んだ後であればまた別だけれど、
私の郷土の先輩である、例えば吉田松陰先生の名前をつけられたらどうかという話をした」とも語った。

安倍夫人と籠池園長の話の辻褄は合っているし、
「安倍晋三」の四文字の追加を予め用意しているのがなによりの証拠。
首相在任中に話があり、”辞めた後に安倍晋三記念小學院”で合意していたことは、もうはっきりしてますよ。
なぜ見え透いた嘘をつくのかねぇ、とても不思議。
「安倍晋三記念小學院」でも良いじゃないの。
首相の名前を頭に付けてはいけない、という法律があるわけじゃなし。
虚偽答弁よりずっとましだと思うけどね。

新情報(2017.03.02)
「安倍晋三小学校」に府側が難色-設置認可申請前、森友学園打診-
大阪府豊中市の旧国有地に小学校を4月に開校予定の学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)が、府への小学校設置認可の申請前に校名を
「安倍晋三記念小学校」にしたいと打診したのに対し、府側が政治的中立性を理由に難色を示していたことが1日、府への取材で分かった。
学園側はその後、校名を変えて申請した。
 府私学課によると、2013年ごろ、森友学園の籠池泰典理事長から
「豊中市の国有地を取得して小学校を建てたい。安倍晋三記念小学校という校名を考えている」
と認可申請の方法について問い合わせがあった。


そうだったのか。
これですべてがつながった。
はじめから「安倍晋三記念小學院」にするつもりだったのだ。
「安倍晋三記念小學院」で申請したところ大阪府が”政治的中立性を理由に難色を示した”ので、
やむを得ず、当面は「安倍晋三」なしでいく、辞めたあと「安倍晋三」を付け加える、ことにしたのだ。
申請は森友学園と安倍夫妻の合意のもとに行われたはずだ。だから、答弁でしどろもどろになったのだ。
まあ何にしてもつまらんどうでもいい話だ。

追加(2017.02.24)
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瑞穂の國安倍晋三記念小學院 | トップ | とつぜんですが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL