tnlabo’s blog   「付加価値」概念を基本に経済、経営、労働、環境等についての論評

人間が住む地球環境を、より豊かでより快適なものにするために付加価値をどう創りどう使うか。

安定成長の期待:2017年1-3月期GDP速報

2017年05月18日 12時06分57秒 | 経済
安定成長の期待:2017年1-3月期GDP速報
 今日、内閣府から2017年1-3月期のGDP速報が発表になりました。
 マスコミは実質成長率対前期比0.5%、年率換算2.2%、個人消費、輸出が牽引といった報道をしています。

  長らく低迷している個人消費ですが、今後も個人消費が多少でも回復の状況を見せれば、日本経済の安定成長路線への復帰も、その可能性が見えてくるということではないではないでしょうか。

 いつも通り、マスコミの報道は昨年の10-12月と今年に入っての1-3月の比較の数字を中心としたものですが、ここではいつも見ていますように、対前年同期比、つまり1年前の2016年の1-3月期からの動きをベースに見てみましょう。

 対前年同期比の実質成長率の推移を過去5四半期について見てみますと、
 0.5% 0.9% 1.1% 1.7% 1.6% となっていて、2017年1-3月期は前年同期比1.6%の成長です。

 同じ期間で家計最終所費支出(実質)を見ますと、
 -0.3% 0.3% 0.2% 0.8% 0.9%となっていて、前四半期から伸び率が高くなっています。家計支出は、主婦感覚では名目値(店頭の価格)重視ですから名目支出を見ますと
 -0.5% -0.2% -0.4% 0.7% 1.0% で前四半期から財布の紐が緩んでいます。

 同じ期間で企業の設備投資(実質)を見ますと
 -0.5% 2.0% 0.9% 3.3% 3.0% とこれも堅調です。
財政難の政府支出はマイナスですが、国内需要は着実に堅調となっています。

 日本経済のムードも少し変わってきたのでしょうか。雇用者報酬のこの1-3月期の対前年伸びは名目値で0.8%、昨年平均の2パーセント強から大きく減っていますが、消費支出の方は1.0%の増加ですから、サラリーマン家庭でも、多少財布の紐を緩めたのかもしれません。

 海外はまさに多事多端で、アメリカのトランプさん関係の困ったニュースで今日の日経平均は大幅下落ですが、日本経済自体としては、何とか安定成長への可能性が感じられるという所でしょうか。
 国民全体が、先行きに自信を持ってくれば、日本経済はさらの好転するのではないでしょうか。期待を持って見守りたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一帯一路、AIIB、中国の構想 | トップ | シジュウカラ巣立ちご報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL