gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「日本国籍者に限定を」 参政権問題で国家基本問題研究所が提言(産経新聞)

2010-02-16 12:43:35 | 日記
 民間シンクタンクの「国家基本問題研究所」(櫻井よしこ理事長)は12日、外国人参政権問題に関する提言を発表した。(1)参政権行使は国政、地方を問わず日本国籍者に限定すべし(2)特別永住者への配慮は特例帰化制度導入で(3)急増する一般永住者に入管法の厳格適用を-と訴えている。

 提言では、参政権問題が日米同盟や領土問題など「日本の主権」に直結する問題であることを改めて指摘。特別永住者の帰化の際、「新たに日本国という政治的運命共同体のメンバーとなる」という観点から、「帰化の動機書」や「宣誓書」の提出義務を復活するよう求めている。

 また、民主党が地方参政権付与の範囲を、急増する中国人を含む一般永住者に広げようとしていることに対する危惧(きぐ)を表明、永住要件の抜本見直しを提言した。同研究所の地方参政権に関する提言は今回が4回目。

【関連記事】
北沢防衛相が外国人参政権に慎重姿勢 賛成表明から転換
岡田外相、外国人参政権で明言避ける
日韓外相、北核問題で連携確認
亀井氏、選択的夫婦別姓導入に反対
参政権法案で亀井氏、対立感情を懸念

厚労政務官の実績、7割「分からず」=仕事ぶり伝わらず? -NPO調査(時事通信)
水木しげるロードに「妖怪ベンチ」(産経新聞)
<交通事故>原付きバイクと乗用車衝突 中学生3人重傷(毎日新聞)
病院の療養病床、12か月連続で減少(医療介護CBニュース)
内閣不支持45%、支持36%=内閣発足後、初の逆転-時事世論調査(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天下り“指定席”再調査へ、対... | トップ | 【科学】「味覚」の要素を数... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。