☆★けせらせら☆★

日々の思いをつらつらと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

それでもボクはやってない

2007-01-20 17:13:15 | 映画(邦画)

周防正行監督の11年ぶりの映画は、痴漢の冤罪事件を通して、日本の裁判の現状に真っ向から挑む社会派ドラマ。

もともと、裁判とか、社会派の映画が好きなのでずっと楽しみにしていました。

もうすぐ日本でも裁判員制度が始まりますし、何かと注目される日本の裁判制度や、痴漢冤罪といったタイムリーなテーマが余計に映画を盛り上げていましたね。

見ていてすごく考えさせられたし、腹が立ったし、驚きました。

本当に、これが裁判なんだ・・・・・・・。と。

裁判というのは、犯罪を犯した人が罰せられる場だと当たり前のように思っていましたが、ただそれだけではありませんでした。

この映画の主人公の金子徹平は無実なのにも関わらず、痴漢の容疑者として逮捕され、人生が一瞬にして変わってしまったのです。

確かに、痴漢って難しい事件かもしれません。私は女だから、痴漢は本当に許せないし、男性とは考え方が全く違うと思いますが、ただ、無実の人を簡単に犯人に出来てしまうということも、恐ろしいことだと思いました。

痴漢を認めれば、罰金を払ってすぐに釈放されるが、否認すれば10日間の拘留。そして、裁判になっても勝てる保証はない。

なんじゃそりゃ??

って感じですよ。完全に間違ってますよね。

そして、裁判が始まれば、嘘・嘘・嘘でもう何が真実か分からない。

裁判官や検察官は容疑者をモノとしか思っていないような印象を受けました。

 

とにかく、この映画は良くできてます。一瞬たりとも気が抜けない。

見ていてちょっとグッタリしました(笑)

俳優陣の演技も素晴らしいし、本当に細かいところまでリアルに作られているなぁと思いました。

監督の日本の裁判に対する怒りが充分に伝わってきました。

でも、ただ怒りをぶつけるだけじゃなくて映画としてのエンターテイメント性がある素晴らしい映画でした。

 

う〜ん・・・・一度、裁判の傍聴にでも出かけようかと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄コン筋クリート | トップ | ディパーテッド »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
裁判員制度 (kossy)
2007-01-21 19:44:07
日本で行われることになる裁判員制度はアメリカの陪審員制度とは全くちがっていて、9人の裁判員のうち3人は裁判官が入る。もし反対意見が出てもその反対意見の中に裁判官が1人加わってないといけないらしいです。
これだったら、単に一般人が知ることができるだけであって、本質は変わらないですよね・・・
一般市民ももっと勉強しなければだめなのかな・・・
びっくり!!! (ななこぉ)
2007-01-21 21:54:02
>kossyさん☆
コメントありがとうございます♪
日本の裁判員制度ってそういう仕組みだったんですか!!!知らなかったです;確かに、それじゃああんまり意味がないというか。。。。本質に変わりがないですね。。。。
一般市民の意見も、もう少し大事にできるような制度になればいいのに。。。。
映画を見て、ますます裁判に興味が出てきたので、ちょっと勉強しようかなーと思ってます!!!
こんにちは♪ (ミチ)
2007-01-24 17:34:48
周防監督は長いこと待たせた意義のある作品を出してきましたね〜。
問題をつき付けつつ、エンタメ性もある。
二時間半釘付けでしたよね〜。
傍聴オタクっていうのがいるようですが、ハマるとやめられなくなるのかしら〜。
コメントありがとうございます^^ (ななこぉ)
2007-01-25 09:42:41
>ミチさん
ほんと、二時間半もある映画でこんなに集中できる映画ってなかなかないですよね〜。
傍聴オタクはハマるとやめられなくなるみたいです!以前、傍聴にはまった人の本を読んだことがあります♪まぁ、そんなに悪いことではないですよね☆
こちらにもお邪魔します。 (こーいち)
2007-01-29 14:24:00
本当に驚かされますよね〜。
誤認逮捕されても無実であれば裁判で必ずわかってもらえると
信じていたのでショックでした。
裁判官や検察も毎日容疑者を見ているわけですから
騙されないようにという意識が働くのも分かりますけど。。
「十人の真犯人を逃すとも一人の無辜を罰するなかれ」
って言葉も紹介されていたけど、まともに取り調べれば
真犯人を逃す可能性も大きくなることを僕たちも覚悟しないと
いけないってことなんでしょうね。
コメントどうもです♪ (ななこぉ)
2007-01-30 18:20:46
>こーいちさん
裁判官や警察も人間なんだという理由で冤罪ばかりが起こっていたらたまったもんじゃないですよね!!もっとしっかりとした制度を作ってほしいものです。
この映画によって多くの人の心が動かされればいいなと思いましたね。
今晩は☆★ (mezzotint)
2007-02-05 21:59:28
TB・コメントどうもです
大丈夫ですよお気になさらずに
私も何度か記事を間違えて、TBしたことあります。
周防監督の凄さにはあらためてです。
この映画を制作にあたって、3年間取材と脚本作り
に費やしたそうです。完成度の高いのも分かりますよね素人の目線でこれからも頑張って欲しいです。
コメントありがとうございます^^ (ななこぉ)
2007-02-06 21:24:13
>mezzotintさん☆
いや〜まだまだ素人でスミマセン

やっぱりオリジナルで丁寧に脚本や取材をした映画っていうのは力が違いますよね!!!邦画が量産されがちな今だからこそ、こういう映画が作られるのは嬉しいことです^^
Unknown (ななな)
2007-02-11 19:05:15
ななこぉさん、こんばんわ♪
裁判って映画でもありましたがやっぱり「悪い人を裁くところ」ってイメージがあるのでこの映画を観て愕然としました。
なんて理不尽なんだろうって。
裁判員制度が始まれば今度は私たちが裁くほうに回るわけですからそんなことを思うとさらに裁判は難しさを増すと思うんですけどね。
私も一度傍聴してみたいなって思いました。
コメントどうもです♪ (ななこぉ)
2007-02-12 22:00:42
>なななさん
ほんとに、人を裁くということは大変なことですよね。
この映画に描かれている現実をきちんと考えないといけないなと思いましたし、裁判って今まで無関係に生きてきた人が多いからこれからも色々な問題が起こると思うんですよね。。。。
複雑です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
それでもボクはやってない (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ  監督:周防正行  出演:加瀬亮      役所広司      瀬戸朝香      山本耕史 フリーターの金子徹平は会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗って いた。そして乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴 ...
それでもボクはやってない (悠雅的生活)
これが、日本の、裁判。
それでもボクはやってない (ネタバレ映画館)
主文、評価は満点と評す。日本の裁判制度の矛盾点と冤罪事件で被疑者とされた者と弁護士による国家権力に抗う姿、それによって正しき主張をも蔑ろにしてしまう社会の醜さをも描いた本作は大いに評価できるものである。
それでも ボクは やってない (我想一個人映画美的女人blog)
最近、電車に乗って何か後ろに手がある!って思って振り返るとそれは女性。 男性はすごく気を遣って、なるべく女性の体に密着しないようにしてるんだな。 ってこの頃感じてた。 車中でも、「痴漢行為があった場合は、、、、」などのアナウンスも流れるし そういう ...
『それでもボクはやってない』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----“全世界衝撃のとことん社会派ムービー”? これって周防正行監督の作品だよね。 彼ってコメディの人ってイメージがあるけど ...
「それでもボクはやってない」試写会レビュー 運命 (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
すごいリアルに作りこまれた映画やとは思うけど、やっぱり邦画バブルの中ではその魅力はだいぶ、、、。
「それでもボクはやってない」みた。 (たいむのひとりごと)
裁判モノの作品は、結構好んでみる。今回法廷で争われる事件は”痴漢”。「無実」を主張する青年及び弁護側と、「容疑を認めろ」と迫る検察側の真っ向対決。被害者による現行犯逮捕から判決までに約1年。それは「なんで?どうして?そんな馬鹿な!」という
「それでもボクはやってない」鑑賞 (BIGLOBE平社員ブログ)
ちかんはあかん。 石塚です。
それでもボクはやってない(2007/日本/周防正行) (CINEMANIAX!)
【ユナイテッド・シネマとしまえん】 フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗っていた。そして、乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴漢行為を問いただされる。そのまま駅員によって駅事務所へ連れて ...
【劇場映画】 それでもボクはやってない (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金子徹平。連行された警察署で容疑を否認すると、そのまま拘留される。その後も一貫して無実を主張 ...
『それでもボクはやってない』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『それでもボクはやってない』鑑賞レビュー! 11年ぶりの新作、遂に始動!! 周防監督が選んだ題材は “裁判” 十人の真犯人を逃すとも、 一人の無辜(むこ)を罰するなかれ ★review★ 公開日に観て来ました〜! 予想通りと言う ...
それでもボクはやってない (我想一個人映画美的女人blog)
最近、電車に乗って何か後ろに手がある!って思って振り返るとそれは女性。 男性はすごく気を遣って、なるべく女性の体に密着しないようにしてるんだな。 ってこの頃感じてた。 車中でも、「痴漢行為があった場合は、、、、」などのアナウンスも流れるし そういう ...
それでもボクはやってない (我想一個人映画美的女人blog)
最近、電車に乗って何か後ろに手がある!って思って振り返るとそれは女性。 男性はすごく気を遣って、なるべく女性の体に密着しないようにしてるんだな。 ってこの頃感じてた。 車中でも、「痴漢行為があった場合は、、、、」などのアナウンスも流れるし そういう ...
それでもボクはやっていない (メルブロ)
それでもボクはやっていない 上映時間 2時間23分 監督 周防正行 出演 加瀬亮 瀬戸朝香 山本耕史 もたいまさこ 役所広司 評価 7点(10点満点) 会場 東商ホール(試写会) 簡単(テキトー)あらすじ 電車の中で痴漢に間違えられ、それからなんだ ...
それでもボクはやってない (Akira's VOICE)
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。
映画「それでもボクはやってない」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「それでもボクはやってない」 11年ぶりの周防正行監督作品。 いつも周防監督の扱う題材は新鮮で、「こんな世界があるのね」ということをエンタメ性たっぷりに描いてくれる。今回も馴染みの無い裁判の世界を面白おかしく描いてくれるのだと想像していたら、こ...
「それでもボクはやってない」:品川警察署入口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}警察は関係ないな、俺のような善良な市民には。 {/hiyo_en2/}あの青年もそう思ってたのよねえ、電車から降りるまでは。 {/kaeru_en4/}あの青年って? {/hiyo_en2/}「それでもボクはやってない」の主人公よ。 {/kaeru_en4/}痴漢をしてないのに、逮捕されちゃ...
それでもボクはやってない (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  無罪と無実はどう違う?  
それでもボクはやってない (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ)
●『それでもボクはやってない』2007年1月20日公開。 映画チラシ評価 ■硬さ度■★★★() ■扱い度■★★★() ■出来度■★★★★() ■プレミア度■★★★() ★ ■気になる映画チラシの価格帯が知りたい場合はココ WAN...
それでもボクはやってない (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
本当に無実でも、無罪になるとは限らない・・・ってホント? 「ファンシイダンス」(1989)。。。仏門修行、「シコふんじゃった」(1992)。。。学生相撲、そして『Shall We ダンス?』(1996)。。。ボールルームダンス・・・と、これまで意外な切り口の...
それでもボクはやってない (Alice in Wonderland)
日本の裁判制度は一般市民にとっては馴染みもなく『訴えてやる!』なんて言っても実際に裁判をしたと言う話もあまり聞きません。弁護士料も高いし裁判には長い月日がかかり、敗訴したら庶民は首をくくるしかないよねってイメージがあります。私も海外のドラマや映画での裁...
映画「それでもボクはやってない」 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
それでも、それでもボクはやっていない。控訴します!!刑事事件で起訴されたら有罪率99.9%、冤罪事件にかぎっても97%が有罪になるという実態・・ 仕事もせずブラブラしていた金子徹平(加瀬亮)、ようやく面接にこぎつけて会社に向かうが途中で履歴書を...
それでもボクはやってない(映画館) (ひるめし。)
これが、裁判。
それでもボクはやってない(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】周防正行 【出演】加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/役所広司/他 【公開日】2007/1.20 【製作】日本 【コメント】 フリーターの金子徹平は、通勤ラッシュの電車の中で女子中学生から痴漢をした言わ
それでもボクはやってない (Schicksal)
周防正行監督・脚本のそれでもボクはやってないを見てきた。 金子徹平(加瀬亮)は、就職活動中のフリーター。会社面接に向かう途中で痴漢に間違えられ、容疑者から被告人に。
『それでもボクはやってない』 (Sweet* Days)
監督:周防正行 CAST:加瀬亮、役所広司 他 STORY:フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、ある日満員電車で痴漢に間違われ拘留されることに・・・・ 良かったです! 周防監督が徹底的にリアリズムにこだわったというだけあっての生々しさ、 そして2時間を超...
それでもボクはやってない。 (おいしい巡り日録)
あの周防監督が、冤罪裁判??この映画の話を聞いたときにびっくりしました。なんでいきなり、そんな重いテーマなの!!どんな映画になるのか、非常に気になっていたので、「それでもボクはやってない」をみてまいりました。■STORYフリーターの金子徹平は、一念発起し挑...
それでもボクはやってない。 (おいしい巡り日録)
あの周防監督が、冤罪裁判??この映画の話を聞いたときにびっくりしました。なんでいきなり、そんな重いテーマなの!!どんな映画になるのか、非常に気になっていたので、「それでもボクはやってない」をみてまいりました。■STORYフリーターの金子徹平は、一念発起し挑...
映画 それでもボクはやってない (ぽぽらすCafe*)
日本の裁判制度のあり方を問う周防正行監督話題の映画。 じつは私の身近にも主人公と同じような体験をした人がいたので、思わず熱くなって観てしまいました。 ぜひ多くの人に観てもらいたい作品です。
「それでもボクはやっていない」を観た・・・・。 (銅版画制作の日々)
 最近、富山で○○罪で実刑判決を受けた男の人が二年9ヶ月服役後、無罪だという事が判明した。それは昨年8月に別件で逮捕された男が「自分がやった」という自白からだ。警察の取調べもかなり不十分だったようである。しかし無罪であることを主張することも出来なかった...
「それでもボクはやってない」 (the borderland )
洋画の法廷モノは、陪審員を巻き込んでの弁護士と検事のパフォーマンスが見所で面白い作品が多いと思います。周防監督が11年ぶりにメガフォンを持つとなれば、ハリウッドに負けないエンターテイメント作品を期待しちゃいますよね! ところが、裁判自体が主役といってい...
「それでもボクはやってない」映画感想 (Wilderlandwandar)
ええと、当初見るつもりでは無かったこの映画、ところがネット上のあらゆるところで絶
それでもボクはやってない (映画を観たよ)
コレが日本の裁判の現状
『それでもボクはやってない』 (京の昼寝〜♪)
明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・   ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人      □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってない』...
それでもボクはやってない (Thanksgiving Day)
映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控え...
それでもボクはやってない 2007-07 (観たよ〜ん〜)
「それでもボクはやってない」を観てきました〜♪ フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、就職の面接に向かう途中の電車の中で、中学生から「痴漢したでしょ!」と訴えられる。捕まった当初から、終始一貫して無罪を主張するが・・・ 人気Blogランキング    ↑...
[movie]それでもボクはやってない (THANK YOU MY GIRL)
日本の刑事裁判制度の問題点を取り扱った“社会派”ムービー。 満員電車で痴漢と間違われ、警察に拘留、裁判に起訴、 という無実の罪を問われる話なのだけれど、 私は実は加瀬亮目当てで行ったので、配役に彼が無かったら わざわざ観に行く事はなかった映画だと思う。 ま...
『それでもボクはやってない』 (chaos(カオス))
『それでもボクはやってない』 中立公正な裁判所と思っているとそうでもないみたいね。コワい。 非情な裁判官に変わってからの、やりとりは切なくて胸が痛むものがあった。 ちょっとだけ出てる竹中直人がおもしろい。。 【あらすじ】 電車の中で女子学生への...