友へ

トレーナーを目指す方へ
東京メディカル・スポーツ専門学校 妻木充法先生のブログ

潜龍の時代

2016-06-13 11:13:35 | Weblog

こんにちは。

入院したおかげで、

龍をたとえに、自分を見ることができました。

 

「人生に生かす易経」 です。」

 

龍の使命は、

「大空を自在に飛び回り、雲を呼び

恵みの雨を降らせる」   

です。

 

そんな龍には、6つの段階があるそうです

1 潜龍

2 見龍

3 天子終日乾乾

4 躍龍

5 飛龍

6 亢龍

 

5番目の飛龍が、大空を駆け巡り、

恵みの雨を降らせるのです。

 

まあ、これは、たとえで

成長して、世間をめぐり、仲間を呼び

人々のために必要なことをするんでしょうね。

 

易経では、これで終わりでなく、

亢龍という、おごり高ぶり

失速していく段階をある といいます。

 

「あ、自分だ!」

自然界を見れば、当たり前の話でした

すべて  「満れば、欠くる」  のですね。

 

易経のすごいのは、

その対処法が書かれていることです。

 

それが、1の潜龍の時代 です。

「確固不抜の志」を確認するのです。

 

まあ、別の言い方をすれば、

「初心 忘れるべからず」 

ですね。

 

入院して、よかった。

それでは、また。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

退院

2016-06-04 17:31:32 | Weblog

こんにちは

大腸の一部を切り取り吻合する手術を受け、

順天堂医院を7日で退院できました。

いやあ、うれしかったですね。

あの有名な??? 腹腔鏡 でした。

術後、わずか一日目で、歩かされるのですね!

3日目には、食事も出てきて、、、、

 

ベテランで冷静なドクターチームと

献身的なコメディカルスタッフ

それにしても看護師さんたちは、

順天堂の財産です。

お世話になりました。

実りの多い、入院でした

 

退院前夜は、一人 ノンアルコールビールで乾杯!

この感覚は、何度も味わっている???

不思議な感覚・・・

 

思い出したぞ

ワールドカップの決勝が終わり、

いよいよ帰国するという前夜と同じだ!!!

よし帰ったら、梅酒で乾杯だ。

では、また。

 


この記事をはてなブックマークに追加

養生

2016-05-19 09:08:27 | Weblog

こんにちは

これまで、氣功と太極拳、そして散歩を

養生法として、週4回は、やっていた。

これで、健康だと思っていたが、

残念ながら、大腸に悪いものが見つかって

手術して取ることになった。

 

これは、「ライフスタイルを見直せ」ということか、

直感したのだ。

そこで、ほぼ毎日のお酒をやめ

一杯の梅酒にした。

養生よりさらに、鍛錬とばかりに

フィジカルトレーニングをやることにしたんだ。

とはいうものの、

B型である。(血液型)

 

B型は、「淡泊、移り気、浮気性、熱しやすく、冷めやすい」

というすばらしい特徴をもっているのだ。

 

 

鍛錬は、しかし、続けられなければ意味がない。

そこで、3つだけやることに決めた。

腹筋、腕立て、スクワット である。

毎日だぞ。

腹筋は、膝を曲げて、手先が膝につくまで(簡単!)

腕立ては、膝をついてのワイドスタンスで(まあ簡単)

スクワットは、5キロの負荷で、膝が出ないように(楽勝!)

まだ、1週間だが、「効果あり」 だ。

もちろん、筋肉がつくはずがないのだから、

神経-筋肉の強化ができてきたのだろう。

姿勢が安定して、歩くのが早くなった。

氣功と太極拳も続けている。

ヘルスケアの養生

トレーニングの鍛錬

歳をとると、どちらも、必要と

気づかされた出来事でした。

それでは、また

 

食べるものは、変えないぞ(笑)

 


この記事をはてなブックマークに追加

2016-04-21 09:55:50 | Weblog

こんにちは

いま、スイスに来ています。

何のためにかって?

私の友人のマリオ氏から

メールが来たのです。

“私のクリニックで新しくスポーツ脳震盪センターを設立した。

何か君の学校のためにできるのでは?“

という、メールでした。

彼のクリニックは、FIFAやオリンピック委員会とも協力関係にあるのです。

こんな由緒あるクリニックと提携をするのは、

なかなか、難しいことですが、

 

せめて、このくらいの花が咲かないかと

会いに来たのです。

やはり、行って話してみるものですね。

来年は、こんなになりそうです。

 

早く、皆さんの花を咲かせてあげたい!

それでは、また

 

 妻木先生のプロフィールはこちら!


この記事をはてなブックマークに追加

悟り

2016-03-29 11:48:13 | Weblog

ねえ、キミ

仕事、がんばっているね

そろそろ、悟りをひらくときだね

 

瞑想?  座禅?  断食?

あるいは、出家?  

 

なに、むずかしいことではないんだ

お釈迦様のマネをすることでは、ない

 

どうするのかって?

 

まず、

コスパを忘れることだな

悟ったヒトは、コスパを超えています

 

そう、

次の言葉をかみしめるんだ

 

「得は、迷い

損は、悟り」

 

私の家内は、時々悟る、、、、、、、、

それでは、また

 

 

妻木先生の経歴はこちら!


この記事をはてなブックマークに追加

一見

2016-03-14 22:42:37 | Weblog


こんにちは

あなたは、アステカやマヤを知っているかい?

先週、休みを取り、メキシコに行ってきたんだ。

 



メキシコシティのティオティワカン
太陽のピラミッド

カンクンのチチェンイッツア


エジプトもそうだが、

行ってみないとわからないことがあるな

昔から、「百聞は、一見にしかず」というのだが、

まさに、そのとおりなのだ

そして、思い切って行けば、なにか起こるんだ

たとえばね

今回は、南アフリカワールドカップで、

一緒だったレフェリーたちに会えたんだ

アルチュンディアとマルビンだ

アルチュンディアは、現在、TVで解説をして、超多忙だそうだ

彼は、日本に7回も来日している!

そして、彼のアシスタントだったマルビンは、

年12月クラブワールドカップに来日していたのさ



楽しかったな

2時間ほどの5杯のテキーラ


ごらんのとおり



一見ではなく、再見だ
それでは、また

 

妻木先生の経歴はこちら!


この記事をはてなブックマークに追加

落書き

2016-03-14 22:42:18 | Weblog

きみは、落書きを読んで

涙したことがあるか?

「リハビリセンターの落書き」より

 

大きなことを成し遂げるために力を与えてほしいと神に求めたのに
謙遜を学ぶようにと、

弱さを授かった。

 

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに
より良きことができるようにと、

病弱を与えられた。


幸せになろうとして、富を求めたのに賢明であるようにと、

貧困を授かった。


世の人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに得意にならぬようにと

失敗を授かった。

 

人生を享楽しようと

あらゆるものを求めたのに、あらゆることを喜べるようにと

生命を授かった。


求めたものは一つとして与えられなかったが、

願いが、すべて聞き届けられた


神の意に、そわぬ者であるにもかかわらず

心の中で、言い表せないものは、すべて叶えられた。


私は、あらゆる人の中で

もっとも豊かに祝福されたのだ。


(ニューヨーク市立大学リハビリセンターの壁の落書き)

内容は、違うが

The sound of silence のメロディが

鳴り響くのだ、、、、、、

 

じゃ、またな

 

妻木先生の経歴はこちら!


この記事をはてなブックマークに追加

梅の花咲く

2016-02-20 00:29:54 | Weblog

猫の額ほど 我が家の庭

梅の花 咲く

春は 間近


 

 

国試を控えた 君

辛抱だな

こんなことばがあるぞ

 

「厳冬風雪を凌ぐの梅花にして、

初めてよく芳香を放つ」



梅一輪も、好きだが(笑)
今は、キミの
「サクラ サク」
 を早く聞きたい


それでは、また





この記事をはてなブックマークに追加

今年の抱負

2016-02-01 15:36:42 | Weblog

こんにちは


お正月も終わりました。
今年の抱負を考えて、考えてしていたのですが、
やっと気持ちが、はっきりしたのです。

それは、
もう一度、はじめからやってみようかと、、、、
それは、触れて、感じて、変化に気づくこと

だんだん治療がルーチン化していたのに気づいたんです
そんな折、目にとまった言葉

稽古とは、一より習い、十を知り、
                               
十よりかえる、もとのその一」
                   (利休の連歌)

何事も当然 一から始めるのですが、
十までできても、終わりではない
むしろ、ここまできたと思ったら、
また、もとの一を習えと

しかし、その一は、はじめに習った一と
同じではないんですね

少し高いレベルの一 で
 新しい発見があるんです

だから、一をまた習うのは、楽しいんです

そういえば、世阿弥も
似たような口伝を残していますよね

「是非とも 初心 忘るべからず」
「時々の初心 忘るべからず」
「老後の初心 忘るべからず」と
               (花鏡より)


昔の人は、自分に厳しいですね

今年は、基本をやりなおして
新しい何かを見つけたいものです

それでは、また

 

 

妻木先生の経歴はこちら!


この記事をはてなブックマークに追加

初笑い

2016-01-18 09:25:04 | Weblog

キミは、お正月楽しかったかな?

私は、おもしろいことがあったんだ。

本をね

読んだのだが、

これが、おもしろかった

 

「金の言いまつがい」 糸井重里著

 

いわく、寒い日に喫茶店に入った彼女

ウエイターの「ご注文は?」

 

「ホットアイスティー、、、、」

 

こんな言いまつがいがいっぱい載っている。

 

先日、ホテルの中華にいったんだが、

料理の途中で、紹興酒を頼んだ

「すみません。紹興酒ください」とね

すぐに、ウエィトレスが、ハイ と返事をして

「塩と胡椒」をテーブルに置いた

???

なにかのまちがい?

 

3分ほどそのまま待ったが、紹興酒は出てこない

早口で言ってみると

 

「ショウコウシュ ・ シオコショー 」

 

似てる!!!

 

それで、再度頼みなおしたわけだ

 

30年も前に、定食屋で、

同じ経験がある

 

無性に、魚が食べたくて、

焼きサバ定食を頼んだ

が、出てきたのは、焼きそばだった!

 

そういえば、わがTMSには、

砂糖と塩先生が勤務されているぞ

 

お正月から、こんな顔をしていたらいかんよ

 

 

いつも笑顔であいさつを

 

それでは、また

妻木先生の体験授業が受けられる!詳細はこちら!!


この記事をはてなブックマークに追加