gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

慶応大 広告学研究会所属の男子学生3人を無期停学処分

2016-11-10 | 報道・ニュース
 慶応大学は広告学研究会に所属する男子学生3人を合宿所で「気品をそこねる行為」があったとして無期停学の処分としました。

 慶応大学の学生団体・広告学研究会をめぐっては、今年9月、神奈川県葉山町の合宿所で10代の女子学生が男子学生に酒を飲まされたうえ、暴行を受けたとして被害届を提出し、警察が捜査を進めています。

 この問題で、慶応大学は合宿所で未成年の飲酒や性行為など「気品をそこね、学生としての本分にもとる行為を行った」として、今月3日付けで、商学部2年と理工学部1年の男子学生あわせて3人を無期停学の処分としました。また、環境情報学部2年の男子学生1人をけん責の処分としました。

 慶応大学は「新たな事実が判明した場合は処分変更もある」としています。

 無期停学処分当然ですね。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バス運転中に「ポケモンGO... | トップ | 住宅に70歳父と44歳娘の遺体... »

コメントを投稿

報道・ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。