gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

逮捕の教師「申し訳ないことしてしまった」

2016-10-20 08:08:20 | 報道・ニュース
 埼玉県白岡市の小学校で、男性教師が男子児童の顔を殴り、大けがをさせたとして逮捕された事件で、この男性教師が、警察の調べに「申し訳ないことをしてしまった」などと話していることがわかった。

 傷害の疑いで逮捕された埼玉県白岡市の市立小学校教師、伊東孝容疑者(54)は、17日朝に送検された。伊東容疑者は12日、担任を務める特別支援学級の授業中、生理的なトラブルを起こした小学4年の男子児童(10)に激高し、顔を拳で2回殴り、あごの骨を折る大けがをさせた疑いがもたれている。男子児童は、命に別条はないものの現在も入院している。

 伊東容疑者は、「頭にきてカッとなって殴った」と容疑を認めているということだが、その後の警察への取材で、伊東容疑者が、男子児童に対し「申し訳ないことをしてしまった」などと反省の弁を述べていることがわかった。警察は、当時の状況を詳しく調べている。

 教育者が生徒に激高してはいけませんね。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「モデルにならないか」と声... | トップ | 母親の頭踏みつけ逮捕の長女... »

コメントを投稿

報道・ニュース」カテゴリの最新記事