gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

救急車呼ぼうとした母を祖母とめる 暴行死

2016-12-10 09:05:30 | 報道・ニュース
 孫に暴行を加え死亡させたとして祖母が逮捕された事件で、親が救急車を呼ぼうとしたものの、この祖母がやめさせていたことがわかった。

 傷害致死の疑いで逮捕された大阪市東淀川区の山内泰子容疑者(66)は、今年4月、娘の自宅で生後2か月の孫・佐伯彩希ちゃんの面倒をみていた際、頭部に衝撃を与える暴行を加え死亡させた疑いがもたれている。山内容疑者は容疑を否認しているが、母親である娘が帰宅し、彩希ちゃんの異変に気づき救急車を呼ぼうとしたものの、山内容疑者がやめさせていたことが新たにわかった。

 山内容疑者は逮捕前、「私恥ずかしいからって(救急車を呼ぶのを)とめてしまったんですよ。世間体ですよね…。今思えば、救急車を呼んであげていればよかったかなと…悔やんでいる」などと話していた。

 警察は、彩希ちゃんへの暴行の発覚を恐れ、救急車を呼ばせなかった可能性もあるとみて捜査している。

 救急車を呼んでいたら死ななくてすんだかも。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「駐車場と勘違い」地下鉄出... | トップ | 死亡の18歳少年、複数の知... »

コメントを投稿

報道・ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。