on the rise

日本初のプロバスケリーグ
「bjリーグ」と日本のバスケを
それとなく応援するブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さすが協会。(追記有り)

2007-04-13 09:33:02 | Weblog
混乱のバスケ、評議員増員
 
2006年度補正予算が承認されない異例の事態が続く
日本バスケットボール協会が、
補正予算案を再審議する22日の評議員会を前に、
評議員数を56人から80人に大幅増員する決定をしたことが12日、分かった。

同協会は3月の評議員会で、
昨夏の男子世界選手権で出た約13億円の赤字の半分を負担することを
盛り込んだ補正予算案を審議したが、
賛成22票、反対31票で否決された。
執行部の退陣を求める反対派は
「採決で勝つために増員したのではないか。暴挙だ」と反発している。

同協会は規約に当たる寄付行為で評議員は80人以内と定めており、
11日の理事会で新評議員を選出した。
石川武専務理事は、これまで学識経験者がいなかったことから
「必要だった学識経験者を寄付行為に沿って増やした。
そういう(採決で勝つ)ためではない」と反論している。


これは一定額を寄付した学識経験者を、
新しく評議員に採用したってことかな?
ここの金の流れを徹底的に調べてみてよマスコミさん。
社会正義の守り手、なんでしょ?
もちろん、24人の「学識経験者」の
専門は、全てバスケに関係していて
(経済関係・マーケティング・他の競技でもいいからスポーツ絡みならいいが)
分野がかぶっていても二人くらいまでなんだよな?

そしてこの増員はすでに「決定事項」なの?
理事の一存でやっていいの?
文部科学省、これを放置しちゃうんですか?

で、電凸しました。
寄付金じゃないそうです!
「寄付行為」は財団法人における「定款」だそうです。
協会は、ルール上問題ないじゃん、と言っているようです。
たしかに、理事会で承認されればOKらしいです。
そしてこの行為自体はルール上問題ないから、
文科省では特に何もできないそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引退のその先で | トップ | 泥沼化か・・・そしてOSGカモ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いや~ (ひーろー)
2007-04-13 11:23:02
ある意味そこら辺のお笑いを見るより面白いですよ。まったくどういう頭しているのやら。こういうのは文部科学省に抗議メール・注意メールを流すのがいいんでしょうかね?
正直 (缶)
2007-04-13 12:57:50
笑えません。まさかそんな事までするとは思いもよらなかった。
「そういうためではない」って・・・
全うな大人が100人居たら100人がそういうためだろって突っ込みますよ。既に、そういう目で見られてるんだって言うことに恥とか感じないんですかね。
感じないんでしょうね。今までが今までだから。

気分が悪いので、当分協会もJBLもほっとくことにします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
今日はバスケットボールの歴史について調べてみたよ (バスケ大好き)
バスケットボールは一人の人物によって考案された数少ない競技のひとつである。考案者はアメリカ、マサチューセッツ州スプリングフィールドのYMCAの大学の講師を務めていたカナダ人のジェームズ・ネイスミスで、彼の考え出したルールが現在のバスケットボールの原型になっ...
そうきたか (自由人PENGの再チャレンジ日記)
バスケ協会内紛、評議員80人に大幅増員nikkansports.com日本バスケットボール協会が、補正予算案を再審議する22日の評議員会を前に、評議員数を56人から80人に大幅増員する決定をしたことが12日、分かった。同協会は3