on the rise

日本初のプロバスケリーグ
「bjリーグ」と日本のバスケを
それとなく応援するブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

福岡の話続き

2006-01-24 19:44:33 | Weblog
下の内容に質問しているファンとはやぶささんのやりとり。
()内はおれのつっこみというか素朴な疑問。
正直、不快に思うかたもいらっしゃるかもしれませんが、
お許しください。

はやぶささま>
そのないがしろにされたという新規事業計画の中身がわかないことには、
第三者の私たちにはどうにも判断しかねるんですが^^;
ただ、その中身を見せてというのも大変だと思われるのでそれはいいんですけども、質問にお答えいただけると幸いです。

Q1)新規事業計画を推進していれば福岡というチームは継続できたんでしょうか?
Q2)スーパーリーグに支払うべき加入金(8000万円でしたっけ?)をきちんと支払える計画だったのでしょうか?また具体的にどういったことを計画していたのでしょうか?
Q3)来季以降のスーパーリーグに支払う資金(運営費でしたっけ?)もあったのでしょうか?
Q4)書き込まれていた「間違った情報」というのは具体的にはどれのことを指しているのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ないのですが、これがわかると助かるのでよろしくお願いします。

以下はやぶささんの答え。

全体的に答えます。

われわれはまず、架空のスポンサー料が根底となっていた事業計画を、
現実ベースに修正しました。
その中で、いくら必要で、どのように資金を集めるのか、
具体的に提示しております。
(提示した計画を公開していないならなんとでも言えます。
はやぶささんたちの中に経営のプロがいるのかもわからないし。
それ以前に責任を取れる立場にある人がいるのかもわからない。
「修正」で済む程度だったんでしょうか?運営開始時より状況が悪いのに。)
チームで最大の負担の人権費は、他のJBLチームとは違った理念に基づく
チーム編成により、bjのサラリーキャップの6000万を
大幅に下回る4000万程度でのチーム作りが可能となりました。
(サラリーキャップって言ってるんだから選手の給料のことなんでしょうが、
一勝もしていないチームであることをお忘れなく。)
また、集客対策としては、現役NBA選手の招聘も交渉しております。
これは、ただ単に希望や絵空事ではなく、
具体的な交渉内容、手段も提示しておりました。
(確かに現役が来たらすごいですね。ただ交渉内容、手段のくだりは当たり前。
呼んできてちゃんと仕事させてから言わないと説得力ゼロですね。
試合後に暴れて解雇、とかじゃ目もあてられません。
あと、話題性だけでNBAに目をむけるのはいかがなものか。
ヨーロッパにもいい選手はいますが、NBA、というかアメリカ以外にも
関心を示したんでしょうか?開幕当初のJリーグくらいがんばらないと、
呼べるのはマニアしか知らない控え選手くらいでは?それでもすごいけどね。)
すなわち、チームが存続するためには、一番の商品である
”魅力あるチーム作り”を具体的に見せないと、
スポンサーは獲得できないと考えたのです。
(今頃気づいたんですか?当たり前でしょう?結成時にその意見は言わなかったのですか?)
今のご時勢で、グラスルーツ的な活動(いわゆる地域貢献活動)への
企業の出資は限られます。
(じゃあたくさん集めればいいんじゃないですか?ユニフォームや看板に社名を載せられなくてもスポンサーになってもらえる方法はあると思いますが。もちろん載ったほうがいいだろうけど。)

しかし、このチームが魅力があり、いい選手が集まる。
その舞台は日本最高のJBLですと。
(日本最高の舞台は現状JBLです。異論ございません。
でも現状はあくまでアマチュアリーグ。しかも福岡はそのリーグ史上でもまれに見る弱小チームですよ?アイシンあたりの強いとこが言うならわかりますが。)
そして、このチームは日本にとどまらず、
海外へと、すなわち次の田臥選手を作るんだという気持ちで
(日本でもトップになれないのに?あと田臥はJBLが育てたんじゃなく、
能代とナイキが育てたのでは?)
チーム編成を考えれば、今まで日本に見たことのないチームができるし、
必ず応援していただける企業はあると考えました。
(あくまで机上の空論。心意気は立派だと思うが。)
よく、「NBAにチャレンジ!」という言葉を耳にしますが、
具体的なステップを提示しているチームはありません。
(いや、あなたがたも夢を語っているだけだから。)
ファルコンレッドのユニフォームを着ていた選手がNBAでプレーする。
そんなチームにしようと企画しました。
(まさに「夢みたい」ですね。実現させなければいけないんだけど)
当然、加盟金や、今後の費用も織り込み済みです。
(払ってから言わないと。)
最後に「間違った情報」とは皆様もやがてわかると思います。
(含みをもたせるねぇ・・・。一般のファンから見たら、
こういうやり方はあんまりいい印象与えないんじゃないかな?)
たとえば、今日の発表では、船田社長は「今後はバスケット事業続けていくことはない」と明言しています。
新規チームできたなら、最後まで責任もとうとは考えませんか?
(確かに。でも、形式上会社を潰した責任をとって、軌道に乗せた後引責辞任、
ってのは、責任の取り方としてはありだと思う。)
今までの船田社長の言動とは相反する言動ですよね?
(確かにね。おれとしては辞めてほしくない。日本のバスケには必要な人だと思うし。)
追伸:われわれも自分の生活を守らなければなりません。
そのためにも一部の情報開示をしすることに決めました。
しかるべき時期がきたらすべてを開示します。
また、この掲示板はわれわれ”はやぶさ”による
自己運営でありますことをも付け加えさせていただきます。
(今開示しないならいつ開示するのでしょう?)


引用・つっこみ終了。
「机上の空論ではない対案を出せ。」

まあ、おれも外野にすぎないわけですが。

で、思ったこと。
もしかしてレッドファルコンズは、最初っからこうなる運命だったのでは?
設立の経緯を見ればわかることですが・・・
とりあえず、今のJBLでは、プロチームはやっていけない。
来年からの新リーグ(本当に開幕できるなら、ですが)でも、
根本的な部分が変わらなければ同じ。

そして、協会の老害的には、
自分たちの利権・地位>>越えられない壁>>バスケという優先順位と。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡の話(長文) | トップ | 終わりと始まり »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほとんど (おやある)
2006-01-24 20:31:54
TBありがとうございます

私も()内のツッコミとほぼ同じ意見でしたw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
福岡レッドファルコンズ正式申込 (奈良県にプロバスケットボールクラブをつくる会のBlog)
2006年1月23日は大きな1日となりましたね。先ほどの大きなニュースといえば、...