tm...to serendipity

神へのサレンダー。委ねることで想像を超えた開運が待ち受けます。人生は魔法に満ちている。

未だに抗ガン剤を選びますか?

2017-07-16 12:02:40 | 開運
日本だけの常識は世界の非常識。
抗ガン剤は増癌剤」内海聡医師の内海塾
船瀬塾の記事共に分かりやすいです。
私たちは家畜です。
洗脳による無思考。



病院に行く選択は命を縮め、恐怖体験をすることが殆どです。大金を払って。
抗ガン剤は中でも最も儲けの大きいビジネスと思います。
抗ガン剤で殺される
「大往生したけりゃ医療と関わるな」中村仁一先生の分かりやすいレポートです。
ガンは3ヶ月で治せる病気!ブドウ糖はガンの餌だった
病院に行くと薬の他に、食事や点滴で癌の餌であるブドウ糖が与えられます。

いつまで搾取され続ける選択をするのでしょう。

抗ガン剤は効かない。効かないどころか毒です。
実際、大学病院の医師に問いました。
効果の率は?と問うと、100人に1人効くか効かないか、だと。
(効くことがあっても治るかは別問題ですね。一時的に良くなるように見えることを指すのも効果とするなら。)
そして先生なら家族に抗ガン剤を投与しますかと問うと、しないと仰いました。
とても正直な意見をいただきました。
両親は一般的な常識人なので、医師に標準治療を勧められたら受け入れます。
私は抗ガン剤だけは絶対拒否したかったので、無理やり仕事を半日休ませてもらい同伴しました。

病院にかかりながらでもガンが治る人がいます。身近な事例ではステージ5で血圧40から完治した方がいます。
膵臓癌で膵臓と胃の一部を切除しながら完治して現在では飲酒も嗜むツワモノもいます。
そんな方の精神力はハンパない底力を感じさせます。
精神力だけではなく、必ずしている共通点があります。
温熱療法。腸をきれいにすること。
良好な蜂蜜を摂っています。

蜂蜜は実は一般に流通しているものの殆どが猛毒です。
はちみつは非加熱のものを探すのが困難です。非加熱と表示してあってもたいてい瓶を熱処理してます。
アーユルヴェーダの知識のあるお店は安心出来ますが。
「マハリシアーユルヴェーダ公式ショップ アンナプルナ」こちらは公認のもののみ販売してます。

ガンは老化です。
普通にしていたらガンは暴れません。
疼痛が無い場合もあります。
父は疼痛が無く老衰のように亡くなりました。
ガンって老衰の早巻きなんだなという印象でした。
とてもきれいな最後でした。。

実はそれまではガンは怖い印象がありました。
身近に膵臓癌で亡くなる人を見て…抗ガン剤で別人のようになって、最後は苦悶の表情で亡くなり、臭いも凄かったから。
父も膵臓癌だったけど全く正反対の最後です。こんなにも違うのかと驚きでした。

杉原神社の宮司さんに尋ねると、抗ガン剤を投与するとガンが暴れると仰ってました。抗ガン剤しなくて良かったですねと。
父は実は寿命の年にガンになりました。
寿命。。なんかとても納得してしまいました。
とても父らしい潔い去り方だったから。

病であっても死に方は選べます。
生きてきたように死に行きます。

宮司さんは父のことを陰徳ある生き方を淡々としてきたこと、神さまは観ていらっしゃるから死後も幸せですよと仰られました。

死んだらラクになるというイメージ抱いてる人が多いように思いますが、間違い。
生き方に相応しい死後が待ち受けます。

誰に褒められなくても神仏は観てます。
人目を気にした生き方ではなく、神に喜ばれる生き方をするのが生きる意味だと思います。


☆すごく分かりやすくて、ためになります!

一般的に塩は悪者にされてますが、砂糖が猛毒と思った方が良いです。
白砂糖はガンのエサ
砂糖をやめただけで生活が激変しちゃった人々


(特別に個人的に作ってるのを友達が入手してくれたもの)

実はすごいミラクル動画があります。
観る選択は胸に聴いてください。
ハートセンサーを磨くことが自分を助け、自分を活かします。
369 リ:マスター 369 REMASTER
時をかける女神 リ:マスター REMASTER
無償です。

世の中のスピリチュアルの殆どが胡散臭い商売になっています。
本来なら等価交換の法則からして有償であって良いところですが、広く救済されるよう無償です。
感謝で受け取り、感謝の光を流すなら循環します。
この深い意味を解する人は開運されると思います。

真の知識は表には出ません。
「がんの特効薬は発見済みだ!」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神のご開運を祈る | トップ | 醜い緑は嫉妬、明るい緑は博愛。 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。