みやしたの気まぐれblog

鉄道とか野球とか食べ物とかMacとか、日々の気まぐれ記録。更新も気まぐれ。

2/25-26行き当たりばったり関西旅行 その2「武田尾駅に立ち寄りながら、福知山線を抜けてぐるっと」

2017-04-29 12:07:23 | 乗り鉄
2/25-26に行ってきた行き当たりばったり関西旅行の続きです。

2/25の朝に新幹線で新大阪まで来て、西明石で500系「TYPE EVA」を撮影した後に、なんとなく姫路に行って昼食を食べました。
この日の宿泊場所は三宮に取っていまして、以前なら土日だとスルッとKANSAI 2daysパスで私鉄を巡ったものですけど、廃止されて私鉄が使いづらくなりました。
ということで、JRを中心に今回は廻ることにはしていたのですが、何処に行こうかというのでなんとなく福知山線をチョイスしました。


尼崎駅にて。207系


こちらはすっかり数を増やした225系


225系と207系



321系と207系更新車。207系更新車は行き先表示機がフルカラーLEDになり、前面の色が321系に近づけられて、未更新車と見分けが付きやすいですね


2005年に脱線事故を起こした現場を207系更新車と行き違う。先日事故から12年が経過しましたが、このとおりマンションは解体中でした


289系「こうのとり」。「しらさぎ」用だった683系2000番台を直流化して投入されています


321系。福知山線も尼崎ー新三田は列車が多く、行き違いの列車のバリエーションにも富みます


川西池田駅だったかな。途中で追い抜きで停車したため、そのままホームで撮影することに





289系「こうのとり」を撮影。交直流車として作った485系を直流化して183系として投入していたJR西日本が、681系ではなく683系2000番台に行ったのは意外でした。性能的に287系と近づけるためだったんでしょうね



大阪への快速として225系もよく見ます。丹波路快速用6000番台ですね


こちらも223系6000番台。以前は113系や117系の姿をよく見ましたが、現在の福知山線はJR化後製造の車両だけで運行されています


207系で移動を再開します

さて、列車に乗っていて次に何処で降りようかなと思い、なんとなく選んだのは武田尾駅。
福知山線のトンネル駅として知られる武田尾駅は、1986年に福知山線複線化に伴う線路付け替えで現在のトンネル駅になりました。
駅付近に住宅は無く、少し離れたところに武田尾温泉の集落がありますが、旧線跡をハイキングする客が主に利用しているようです。


武田尾駅駅名標




福知山側のトンネル(第1武田尾トンネル)から姿を現し、武田尾駅に到着する207系


武田尾駅を出るとまた尼崎側のトンネル(名塩隧道)に入っていく


ホーム自体が一部橋梁(第二武庫川橋りょう)の上にある。トンネルと橋の駅なのだ




武庫川の上にある駅だけに、橋梁上からの景色は良い


福知山側の第1武田尾トンネル


改札にはICカード対応の簡易自動改札機(進入防止バーの無いタイプ)があるが、無人駅


発車案内。1時間に4本程度の普通列車が停車するし、大阪にも直通する


改札の様子。左側にトイレもあり、無人駅と言えど整備されている。多客時に有人対応できるように詰め所もある


駅周辺案内図。ほぼ武庫川


この案内図は駅を出て右に行けば武田尾温泉だが、その先は行き止まり。左に行くと県道327号から県道33号でぐるっと回って宝塚や日生中央方面に出られる。列車こそ頻繁に止まるが、道路的には秘境に近い場所。秘境駅提唱者の方のランキングでも199位に入っていた


駅から左側に出る



名塩隧道への入口と第二武庫川橋りょう


駅前道路から見た武田尾駅


一応駅前にバス停があった


尼崎方面へ向かう207系


反対側に行ってみる


尼崎方面へ向かう225系


福知山方面への223系。名塩隧道から出てくる電車で、通過電車の撮影はタイミングが難しい


ホームに戻る

さて、この後は冬の関西1デイパスの範囲を出てしまうのですけど、せっかくなので福知山から山陰本線をぐるっと回って京都経由で帰ることにしました。


やってきた321系に乗る


321系車内。JR西日本車両の特徴として、車内中吊り広告の代わりに他の会社の車両ではドア上にある案内液晶を設置していることがある


新三田止まりなので、三田駅で降りる



大阪方面への223系




289系「こうのとり」がやってきた




福知山側からも289系「こうのとり」


2本の289系


発車して行く289系


こちらは207系


もう1本207系


乗車する225系の福知山行きがやってきた


途中駅にて、行き違いの289系「こうのとり」


同じく行き違いの223系


福知山線は途中からは単線なのでよく行き違いで止まる



4連と短い289系「こうのとり」。そういや、全然287系に会わなかったですねえ・・・調べたら去年春から289系を「こうのとり」専用、287系を京都口特急専用にしていたらしい


福知山に到着


やっと287系の姿を見られました



こちらは京都丹後鉄道のKTR8000形「丹後の海」。タンゴディスカバリーの更新車ですが、そのタンゴディスカバリーももうすぐいなくなって、全車「丹後の海」仕様になるそうですね



福知山地区で活躍を続ける113系5300番台。狭い座席の300番台からの改造車


223系5500番台で園部へ


221系に乗り継いで京都到着


117系のモスグリーン単色化がいました


225系新快速で宿のある三宮へむかいました

これで、2/25の行程は終了。次回は2/26の行程になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2/25-26行き当たりばったり関... | トップ | 2/25-26行き当たりばったり関... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乗り鉄」カテゴリの最新記事