みやしたの気まぐれblog

鉄道とか野球とか食べ物とかMacとか、日々の気まぐれ記録。更新も気まぐれ。

小田急ファミリー鉄道展2012 前編

2012-10-21 23:54:53 | 鉄道その他
10月21日の日曜日、今日は小田急電鉄の海老名電車基地で行われた「小田急ファミリー鉄道展2012」へ行ってきました。

朝は同行する光画部副部長親子と合流するために新宿駅へ。私の住む武蔵小杉からだと、登戸まで行って小田急に乗るか、横浜まで行って相鉄で海老名に行った方が早いのですけど、せっかく小田急に乗るんだから新宿から途中までロマンスカーに乗ろうという処でした。
小田急ロマンスカーは多彩な形式が走るのが特徴ですが、今回乗車したのは新宿8:30発の「はこね7号」。車両は60000形MSEで、この車両への乗車は今回が初めてです。一応、これで現役の小田急ロマンスカーは全形式に乗車したことになりますが、3100形NSEだけは生涯乗車できなかったことだけが心残りです(厳密には3000形もSSE時代にしか乗っていないが)。


新宿駅にあったポスター。これですね

最初にホームに入っていたのは30000形EXEによる「はこね」。この車両は乗り心地は良いですけど、いかんせんビジネス用というイメージ

急行の1000形

さらに30000形EXEによる「さがみ」「えのしま」の連結列車。現在、「えのしま」の大半は30000形での運行である

今回初めて見たのだが、いつのまにか新宿駅にホームドアが導入されていた。ただ、扉位置の関係からロマンスカーには使用されない

1000形側。小田急は在来線車両でも扉幅が1300mmの標準サイズ以外に1600mmのワイドドアもあり(かつての1000形後期車2000mmワイドドアは1600mmに改造済み)、設置スペースの幅設定がぎりぎりであろうし、よく導入したなあと思う

30000形が発車して、閑散としたロマンスカー専用ホーム

60000形MSEが入線してくる。貫通扉側だ

6連の貫通扉側。MSEは前照灯がやたらと低い位置にあるのが特徴

非貫通側でVSE似の先頭車。地下鉄千代田線対応のため、前面に扉は設けられている

2009年ブルーリボン賞受賞のマーク。ブルーリボン賞受賞は小田急ロマンスカーのステータスで、30000形EXE以外は全て受賞

側面の方向幕は白色LED

側面のロゴ

車両番号を大きく数字で書く方式は、50000形VSEを踏襲している

車内は天井が高く開放的な感じだ。これでも千代田線の車両限界を維持している

座席。わりとシンプルなシートで、座面、背もたれ共にやや堅めの印象。ビジネス用途を元々意識した物だからなのか?

背面は木製。テーブルは座席の袖から引き出す方式である

3号車には車販室があった。車内販売も行っている

どら焼きアイスを購入。ドラえもんも大満足?けっこう美味しかったです

今回乗車したのは第1編成でした。60000形MSEでは一番古い車両ですね。このため、2007年の製造です

小田急ファミリー鉄道展は20日との2日連続開催なのですが、それでも天候に恵まれたこともあってがかなりの混雑。メイン会場を後回しにして、サブ会場である3000形SEの展示/乗車の方へ先に行ったのは大正解でした。行列もメイン会場に比べればずっと短く、開場後すぐに中へ入れました。

SE展示会場の案内看板

道路の高架橋の下に入り口があった

待ち時間中、何度も列車が走っていった。そのたびに子供達は喜び勇んで撮影している

開場し、中に入ると出迎えたのは出発前の8000形

やはり小田急と言ったら、白い車体に水色の線。今や、この8000形だけになってしまいましたが

保存用格納庫内の3000形SE。小田急ロマンスカーの元祖にして、日本鉄道史においても輝かしい第1回ブルーリボン賞受賞車両

諸元などの説明。国鉄東海道本線での高速試験を実施し、当時の狭軌鉄道世界最高速度145km/hを達成している。なお、東海道新幹線ができるよりも前の話である

この前面形状は登場時のオリジナル状態に、復元改造した物だ

スカート部のこの穴みたいな部分は、空気抜け用の網のようだ

今回、運転室からの乗車になった為、まず運転室を撮影

車内に入る。最古と最新のロマンスカーに1日に乗車できるというのは乗り鉄的には幸せだ(まあ最古は動かないけど)

座席。回転式クロスシートでリクライニング機構は無いが、特急車と言うことでゆったりした座席間隔だ(1000mm。国鉄183系やE2系新幹線等より広い)

運転台方向を撮影

車体間は扉が無い。連接構造ということもあるが、広い空間取られていて開放的

再度座席構造を見る。肘掛けの構造には古さを感じる

時代柄、肘掛け内蔵の灰皿がある

かつて走る喫茶室と呼ばれた3000形。シンクも備えた喫茶スペースだ

第1回ブルーリボン賞受賞の記念プレート。現在の物とは形状も異なる

日本車輌で最初に製造された時の銘版と、川崎重工での改造時銘版がある。製造は今から55年も昔のことである

反対側の運転室。写真では分からないが、運転室の扉は非常に低く、かがまないと出られない構造だった

反対側は、改造後のSSEの姿を維持していた。私が唯一、この電車に乗った時も、この「あさぎり」であった

普段使用のS200EXRの30.5mmでは広角が足らなかったことから、予備機F600EXRの広角24mmを利用

製造当時は方向幕と言う物が無く、サボを使用している

3000形SEの特徴である連接台車。小田急の伝統を作った


A号車、B号車という表記はSSE化後の2編成連結時に、1~5号車の重複となるために取られた対策である

SE側の方へ戻って見学終了

我々が来た時よりも、多くの人が行列を作っていた。早めに来て、最初に見て正解だった

何年か前にもこのイベントに来て3000形を見ようと思ったんですけど、たまたまその時は台風と重なってイベントが中止になり、見られなかったんですよね。
今回、ようやく二十数年ぶりに3000形を見て、中に入ることが出来て良かったです。

後編はメイン会場の方を紹介します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌での土日 後編「白石、新琴... | トップ | 小田急ファミリー鉄道展2012 後編 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小田急 (univ)
2012-10-22 13:31:58
九州に住んでいると全く縁が無いのですが、
ロマンスカーは一度乗ってみたいですねぇ。
特にVSEの前面展望車の先頭に。
Re:小田急 (みやした)
2012-10-23 00:32:28
神奈川県民にとっては小田急ロマンスカーは身近な特急です。
東の小田急、西の近鉄が私鉄特急の雄という感じがしますね。東武スペーシア、京成スカイライナー、名鉄ミュースカイ、南海ラピートなどもありますけど、小田急、近鉄はバラエティに富みますし。
VSEの前面展望は、3列目ですけど一度だけ乗りました。たまたま乗ろうと思ったら空いていたんですよね。夕方遅い便でしたので、景色自体は余り楽しめませんでしたけど。
初めまして (ぐうぐうがんも)
2012-10-26 23:41:31
海老名は地元でございます。
このイベントは、私も参加しました。

私が会場に着いた時には、
3000形を見るには2時間以上待ちますという
アナウンスだったので断念しました。
綺麗な写真で紹介して頂いて感謝します。

ツイートボタン押させて頂きます。
Re:初めまして (みやした)
2012-10-27 00:06:10
>ぐうぐうがんも様
コメントありがとうございます。

3000形SEは、私達が見終わった後の時点でも、かなりの行列でした。
車内見学の都合上、人数制限しながら見学していたからでしょう。
何年か前に、見に行こうと思ったら台風で中止となり、その後は仕事などでタイミングが合わなかったので、今回見に行けて良かったです。

すいません、当方はtwitterをやっておりませんでして、ボタンもblogの機能で付いているものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。