みやしたの気まぐれblog

鉄道とか野球とか食べ物とかMacとか、日々の気まぐれ記録。更新も気まぐれ。

9/16-17週末パス旅行 その1「郡山総合車両センター 一般公開2017に行く」

2017-10-19 00:32:38 | 鉄道その他
9/16-17でJR東日本が発行する「週末パス」を利用して、南東北から新潟、長野への旅行に行ってきました。

今回の目的は、9/16に行われた「郡山総合車両センター 一般公開2017」に行くことと、観光列車に乗ること。まずは、東京から新幹線で郡山へ向かい、郡山総合車両センターへ連絡バスで向かいます。

「郡山総合車両センター」はいくつかあるJR東日本の大規模車両工場の1つで、主に東北地方を走る電車、気動車のメンテナンスを受け持っています。一部常磐線や首都圏の車両も郡山総合車両センターでメンテナンスすることがあります。
JR東日本の総合車両センター系の一般開放は、東京と大宮、後は仙台の新幹線の3箇所に行ったことがありますが、郡山は今回が初めての訪問です。一応、会場までキハ110系で移動する臨時列車の運転もあったのですが、列車混雑を避けて送迎バスの初便で向かいました。



突然だが、朝飯に食べた駅弁。元は長野駅で発売している物のようだ


E5系「やまびこ」で郡山に到着


郡山駅。駅西側のバスターミナルを送迎バスが発着する


最初来た時は、この案内がまだ用意すらされておらず、コーヒー店で休憩していた




待ち時間に来たバス。主に福島交通のバスが来る


こちらが送迎用のバス(福島交通バス)。元は都バスだったようで、座席シートモケットが見慣れた「みんくる」のモケットでした(ほぼ毎日都バスに乗っているもんで)


郡山駅の南側の踏切を渡って、郡山総合車両センターへ向かう


バスを下車し、会場へ。初便で来たので、まだ開始前だった


郡山総合車両センターの看板。JR貨物の郡山車両所も同居している




開場時は関係者でくす玉が割られました


最初に入って目に入ったのは、入って左手にあったこのSL


どうも教育用に半解体された車両でした。青梅鉄道公園と鉄道博物館にもこういう状態の車両がいますね。系式は大正末期に作られた8620形78693でした


見ての通り、隙間から草が生えている始末。展示品というより半放置状態のようです







炭水車も含めて、全体的に蒸気機関車の構造がわかる様になっていました


大きなつり下げクレーンの工務用自動車

郡山という位置が、東京からも仙台からも微妙には離れているためか、東京や仙台でのイベントほどの人出はありませんでした。
このためグッズ販売も少なかったのですが、JR貨物は割とがんばってました。

JR貨物郡山車両所の物販入口


主にグッズを販売していました。なにげに手前の釜石の自然水がすごく美味かった・・・





ミニSLですが、予備の機関車まで用意して2台体制でした。客車は「SL銀河」を模していて、機関車なんとC63形!ってそんな機関車は無いので、見た目はC61形に近いですね


さて、構内の奥へ進みます


展示車両のある場所に来ました




展示車両は485系「ジパング」。先頭車2両は485系「やまなみ」から転用されていますが、中間車2両は485系3000番台青森車(「つがる」「白鳥」用)からの転用で、先日の485系「彩」の引退に伴い、原型に近い形状を維持する唯一の485系がこの中間車になります(他の485系は車体作り直しているし)




建物内にはE657系の姿がありました







その横には陸羽東線色のキハ110系200番台






さらにキハ112-217の後には仙台色のキハ40形の姿がありました


ひっそり展示されていた工具



外に出て再度485系「ジパング」を撮影


軌道自転車の体験乗車もやってました


トラバーサーの奥へ進みます

この後は車体上げ下ろし、トラバーサー実演に進みます。
以下、次回。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京総合車両センター 夏休... | トップ | 9/16-17週末パス旅行 その2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。