みやしたの気まぐれblog

鉄道とか野球とか食べ物とかMacとか、日々の気まぐれ記録。更新も気まぐれ。

1/21-22 雪の信越撮影旅行 その5「朝の直江津駅での撮影後に上越妙高駅へ」

2017-03-20 22:41:20 | 撮り鉄
1/21-22で週末パスを利用した長野・新潟への撮影旅行に行ってきた話の続きです。

1/22の朝になりまして、直江津駅からスタートです。この日の行程は、直江津、上越妙高で列車撮影してから、篠ノ井線を抜けて中央本線経由で帰るというルートでした。
まずは朝の直江津駅で列車撮影です。
昨夜新潟から乗ってきた485系3000番台の糸魚川快速が、朝に糸魚川から折り返してくるので、それを撮影します。


朝の直江津駅



これは車庫へ入っていく、えちごトキめき鉄道ET122形






糸魚川方面からやってきた普通列車のET122形


引き上げ線へ入るE129系








485系3000番台「糸魚川快速」。この春姿を消した、最後の485系定期運用列車だった




実はこの後もう1回、糸魚川快速に乗るのですが、その話はまた後日


そういや、えちごトキめき鉄道になってから、まだ直江津ー糸魚川は乗っていません。乗る機会が無いんですよね・・・


直江津ー新潟の信越本線もすっかりE129系ばかりになってきました


北越急行の「ゆめぞらⅡ」が入線したので、E129系とセットで


えちごトキめき鉄道ET127系で上越妙高駅へ向かいます


上越妙高に到着





上越妙高駅で乗ってきた列車と行き違いになった新井からの新潟行き快速は115系でした。E129系は入っていないようで


そういや越乃Shu*Kuraまだ乗っていないんですよね。下戸ゆえになんか乗るのに微妙なためらいが


直江津方面へ向かう115系

上越妙高駅で下車し、なんとなくで考えていた撮影場所へ歩きます。
この駅は旧脇野田駅時代に1度降りたことはありますが上越妙高になってから降りるのは初めてです。


えちごトキめき鉄道の改札



新幹線側はさすがに広々とはしているが、人影はそれほど多くは無い。上毛高原や浦佐よりはずっと多いですけどね


西口側。展望デッキがありますね


西口のエスカレータと階段




高い天井が東口側。かつて、脇野田駅から見えていたドームはこうなっていたんですね





東口側。かつて脇野田駅があった側ですが、すでに脇野田駅の旧駅舎は解体済みで、雪に埋もれて跡もわかりませんでした



適当に路を歩いて撮影場所を探します

次回、上越妙高で撮影してから帰ります。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1/21-22 雪の信越撮影旅行 ... | トップ | 1/21-22 雪の信越撮影旅行 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。