t-isoamiの不定期通信日記 -3RD SEASON-

OCN版ブログからの転送でご来訪の方、ありがとうございます。
お探しの記事が見つけづらい状態で、申し訳ありません。。。

メガネを作り直した理由(明るさが見え方に与える影響に関する考察)

2016-10-29 17:27:44 | 健康・病気


2016年10月から就業環境が変わりました。
今までと同じものは何ひとつと言ってありません。
通勤ルート、勤務時間、休日、仕事着、デスク、パソコン、スマホ、携行品の数々、周囲の人々…。
同じものと言えば、通勤の自家用車(ヴィッツ)、個人持ちのスマホ(iPhone)、2016年の手帳ぐらいでしょうか。

変化への対応は「OSの書換え」で、まずまずうまくいっていると思います。
自覚できる変化として、「見えづらいな…。視力が落ちているのかな…。」ということがありました。
こんなに急激に視力が落ちるものかな…?環境の変化が身体に影響を与えているのかな…?

会議室でのプロジェクタやホワイトボードの内容がよく見えません。
人の顔と名前を覚えるのにも、けっこう苦労しています。

よく見えていないのは良いことではありませんので、メガネを作り直すことにしました。
レーシックの手術後、度なしサングラスとしていたアイメトリクスに、再びレンズを入れることにしました。
来週末(11/6頃)に仕上がってくる予定です。

思い当たることがありました。いままでに比べて、職場や出入り先の照明が暗いのです。
いや、正確に言うと「明るくない」のです。
それまでの職場は、照明が多くて、とても明るい環境でした。
いろいろな職場がある中で、もっとも明るい部類に入ると思います。
なので、視認するのに苦労することはなく、ほぼ裸眼で支障ありませんでした。

いまの環境も、暗いわけではけっしてないはずですが、それまでほど明るくはありません。
プロジェクタの文字が見づらいことで、この明るさ環境の違いに気付きました。

メガネを常用すると、近視が際限なく進んでしまうことは、経験上分かっています。
かと言って、かけたり外したりもわずらわしいです。
どうしようかなあ…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「OSの書換え」 | トップ | 10月29日(土)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。