文楽(ブンガク)

ブンガクとオンガク、"楽しむ"点ではどちらも同じ。
あとは時々、料理とサイクリング。

HISTORY TH-LS LDB

2017-07-12 10:00:00 | ギター
皆さん、おはようございます。
今日も暑いですね。天気予報は雨だったような…

昨日、こんな物が発表されました。欲しいけど9万円って…
B'zのシングルボックスも75600円…
学生にはちょっと…

気を取り直して、本日もギター紹介です。第二弾!





HISTORY TH-LS LDBです。

特徴は商品ページの方が詳しいので割愛して、個人的な所感を。

まず、このギターが、島村楽器モデルであるからと差別されるのが非常に勿体無い。島村の店員のセールストークがしつこいのは認めますが…

ブランド買いもいいと思います。実際に筆者も、一本目(昨日のTak DC)は、Gibsonというブランドと、松本モデルということで買いました。
しかし、20万円のGibson(USAくらいかな)にこの音は出せません。Custom Shopには負けるかもしれませんが…。楽器屋に行って、試奏すればすぐに分かります(島村店員のセールストークに負けないように!)。じっくり弾いてみて下さい。流石日本製、というような造り、音、弾きやすさです。

お金のある人はGibson Custom Shopを買ってください。しかし、(筆者のような)貧乏学生には、HISTORYでも良すぎるくらいです。(だからってCoolZは勧めません。あれはさすがにちょっとね…)ヘッドのダサさを許容できるなら、凄くおすすめです。

しかし、このHISTORY、とてつもなく重いんです。量ったら、4,6kgありました。ノーチェンバー加工だから仕方がないのですが、昨日のTak DCよりも、1kgほど重いです。ボディバランスはいいのですが…。でもハードケースは軽いです。持ち運びやすい。

重いには重いなりに、このギター、よく鳴ります。生鳴りがいい。
歪ませても芯が残りますし、クリーンも綺麗に鳴ります。薄くコーラスをかけてあげると、凄く気持ちがいいです。
ロックから、ブルースまで幅広く使えるギターではないでしょうか?

ちょっといいギターが欲しい学生の皆さん、是非一度HISTORYを弾いてみて下さい。

さて、今日の一曲。

今日は、B'zでLes Paulといえばこの曲(と、勝手に思っている曲)。



そうDon't Leave Meです。一番だけですが、PVを。

このギター欲しいです。昨年、True Historicで発売されましたが、HISTORYの4~5倍の値段がするので、買えません。Signedに至っては理解できない価格ですね。

この曲はCD音源もいいですが、LIVE ver.が最高です。これは、Pleasure 95の時です。稲葉さんのシャウトが絶品。ブルースハープも、ギソロも素晴らしい。
筆者は2年前のEpic Nightで聴きましたが、死にそうになりました。まさか生で聴けるとは! 死んでも良いと思いました。光芒よりもいいかも…
今回も演らないかな…

それでは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Gibson Tak Matsumoto DC Sta... | トップ | 東野圭吾『ラプラスの魔女』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。