= Whim Disc Review =

ロック・エレクトロニカなど気まぐれにレヴュー !!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Last Review

2007-12-26 | 音楽
Thee Michelle Gun Elephant/Last Heaven's Bootleg

世界の終わり


「世界の終わり」で幕を開き。「世界の終わり」で幕を閉じる。
デビュー曲って後々「恥ずかしい曲」と位置づけされる事も多いなか、
最後までその輝きが失せなかったコノ曲。惚れ惚れ致します。
お気づきの方も多いと思いますが、僕のIDは彼らから拝借しています。

で。突然ではありますが。
本日をもって諸事情により、僕のブログ「 = whim disc review = 」は、
一時休止致します。約1年半の間、拙い文章にお付き合い頂き有難うございました。
沢山のコメントを頂いた皆様方には、心から感謝しております。
皆様方のコメントが無ければ、ここまで継続出来なかったと断言出来ます。

夏フェスの出演者が発表されはじめる、来年の春頃をめどに再開する予定です。
レディオヘッド出演してほしいなー。

では。
これから本格的に寒くなりますが、風邪などひかぬようお身体だけはお大事に。
少し早いですが良いお年を!

コバ。
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

System Of A Down 255枚目

2007-12-20 | 音楽
System Of A Down/Hypnotize
今年も残り僅か・・・。ベスト10関連の記事も済んだし。
新年に向けて音楽に対する気持ちを「リセット」しましょう!
そんな時に聴く曲はこれだぁぁぁーっ !!!!!!!!!!

System Of A Down/Kill Rock N' Roll


パンク、ハードコア、オルタナティブ、ヘヴィメタなどなど。
ロックの攻撃的な部分を全てごった煮!そして鍋ごとブチ撒け。
殺傷能力120% !!! 全力疾走3分間 !!! 叫ぶ合言葉は !!! そう !!!


★★★★★★★ 「ロックンロールを殺せぇっっっー !!!!!」 ★★★★★★★


あーすっきりした。来年もがんばろー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『 2007 Worst Album 3 』

2007-12-16 | 音楽
で・・・。ワーストアルバムの3枚ですわ・・・。
例年になく良作が多かった2007年だったのですが。
もちろん「買ったの失敗したなあオイ!」って作品もあります・・・。
じゃー今回はサラーッと・・・。

Happy Mondays / Dysfunktional Uncle (Live at Fuji Rock 2007)


Worst 1 : Happy Mondays/Uncle Dysfunktional
見てこのジャケ! 嫌だなあ本当に・・・。
「15年振りにアルバムを発売した」という価値しかありません・・・。
今作を聴いてしまったが為にフジではライブをスルーしてしまいました・・・。

Air / Once Upon A Time


Worst 2 : Air / Pocket Symphony
今年はバキバキガツガツなダンスミュージックばかり聴いてたので・・・。
今作のような作風は心に響いて来なかったなあ。まあ仕方ないですな・・・。
あと。琴とか尺八の演奏が散りばめられてるのがねえ・・・。
日本人でありながら和風の音色がチョットねえ苦手・・・。

Twang / Wide Awake


Worst 3 : Twang : Love It When I Feel Like This
まあハピマンの余韻のせいですな・・・。
UKの新人でありながら、これ程までに若々しさを感じさせないバンドも
今迄いなかったんじゃないかなあ・・・。
あと。80年代のU2的なギターがミスマッチな気がしてね・・・。

あらら。
ワーストの方も「踊れるロック」な感じになってしまいました・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『 2007 Best Album 10 』

2007-12-15 | 音楽
じゃー2007年ベストアルバム10です。
対象は今年発売された洋楽オリジナルアルバムのみ。
その前に。まずは2006年のベスト3を。以下の通りです。

NO.1 Thom Yorke/Harrowdown Hill (From:Eraser)


NO.2 Raconteurs/Steady,As She Goes (From:Broken Boy Soldiers)


NO.3 Beck/Nausea (From:Information)


① ナイジェル・ゴッドリッチのプロデュース作であるNO.3
② バンド本隊以外の活動であるNO.2
③ ①②の両方にあてはまるNO.1
まあこんな感じでした。

さてさて。早速、第10位から。

●○● 第10位 ●○●
聴きこんだ結果、今作が彼らの作品で一番となりました!
ユーモラス&ジェントル。ベテランの余裕を感じさせつつも刺激的!

『 Best 10 』
★ Live Performance ★

●○● 第9位 ●○●
年末になっても本国の評価がかなり高くて、正直ビックリ!
次作のプレッシャーは相当なはず・・・。でも期待せずにはいられません!

『 Best 9 』
★ Live Performance ★

●○● 第8位 ●○●
2000年代アートロック&USインディロックの金字塔!
単独公演イケネー! 是非、来年はフェス出演を!

『 Best 8 』
★ Live Performance ★

●○● 第7位 ●○●
たぶん青臭いのは年齢のせいじゃなくて天性なのでは・・・。
大人になっても変わらないんだろうな。この青臭さは。

『 Best 7 』
★ Live Performance ★

●○● 第6位 ●○●
超合金のようなハイテクノロジーと野獣のような肉体性。
ライブが凄い!と評判ですが、アルバムも凄いよ。

『 Best 6 』
★ Live Performance ★

●○● 第5位 ●○●
最初聴いた時は「絶対、今年のNO.1だ !」って思ってたんですが・・・。
しかし、彼らの最高傑作だという思いは変わってません!

『 Best 5 』
★ Live Performance ★

●○● 第4位 ●○●
今年はいたるところで彼らの名前が挙がってました。
彼らの大先輩の名盤2ndを超えました今作。

『 Best 4 』
★ Live Performance ★

ひー残すは3つ !!!

★☆★ 第3位 ★☆★
突然のリリースに誰もが衝撃を受けました!
これだけで誰のアルバムか分かっちゃうな・・・。
音楽的にも、らしくない「健全さ」に驚きました。

『 Best 3 』
★ Live Performance ★

★☆★ 第2位 ★☆★
何度でも聴きたくなる魔法のメロディ!
このフレーズも何回か使ってるなあ・・・。
このまま変わらないで下さい!解散するまでついて行きます!

『 Best 2 』
★ Live Performance ★

そしてそして。
★☆★ 第1位 ★☆★
間違いなく今年聴いた回数が一番多いのは今作です!
特に8月と9月の回数は尋常じゃなかったはず・・・。
いまだに聴けば「はぁ~っ」と溜息が出て切なくなります・・・。
美しき夏の思い出・・・。今度ライブを観れるのはいつなんだろう・・・。

『 Best 1 』
★ Live Performance ★

まあこんな感じです。
次点はハイヴス、ブロックパーティー、!!!かな。
ベスト トラックと比べるとロック寄りになりました。
上位2作は余り期待せず購入したんですけどね・・・。不思議なもんです。
ちなみに。
邦楽で購入したのは、中村君と曽我部のみ・・・。
そうだそうだ。バースデイ買わなきゃだ!ではまた。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

dafunkfest 2007 12/8

2007-12-09 | 音楽
dafunkfest 2007 12/8 @ 幕張メッセ イベントホール

午後1時半頃、幕張メッセの駐車場に到着。駐車場はガラガラ・・・。
しかし、少ないながらもダフトパンカーらしき人達が!

そこへ大きなカバンを背負ってサングラスを掛けたオッサンが歩いてきます。
嫁 「まさかアノ人はダフトパンクのお客さんじゃないよね?」
僕 「アノ人はね派遣のアルバイトの人で、時給1000円で特製ヘルメットを
   被って、ピラミッドの中でツマミを操作するフリをするんだよ」
嫁 「・・・・・・・・・・。」

サマソニ05以来の幕張メッセ!やって来ましたdafunkfest !!!
まずはイベントホール付近の国際展示場エントランス内のコインロッカーを確保。
冬場のライブは上着の保管が重要です。案の定ホール内にはロッカーが無い為、
列に並んで入場した人達は会場内のクロークを利用する事になります。
しかし・・・。どうやらこのクロークの手際が円滑では無かったらしく・・・。
預けるにも行列!受け取るにも行列!特に終演後の受け取り行列は可哀想でした・・・。
会場内は結構暑かったですからね。皆さん風邪引いてないといいですが・・・。

で。我々夫婦は物販に全く興味が無いので行列が完全に無くなってから、
上着をロッカーへ入れ軽装になって入場。途中で物販コーナーをチラ見した嫁が。

「なーんだTシャツにダフトパンクって書いてあるだけじゃん」

って当たり前ですがな・・・。
さて。イベントホールでライブを観るのはサマソニ03以来。
あらら。こんなに大きかったけ。もっと小さかった記憶が・・・。
とりあえずビールで乾杯!フロア席と2階席をブラブラ散策します。
その後、2階席の椅子に座り、Cazalsを観賞します。

・・・・・うーん特に印象に残った事はなにも・・・・・

ニューウェーブ系に属するアートロックって感じですか?

さっ気を取り直して。続いてはフロア席に降りてDEX PISTOLS !!!
ダンス中心ではなくオルタナティブロックも多目のDJプレイ!
ジャスティス、クラクソンズなどは盛り上がりました。
大ネタはドラゴンクエストのテーマ曲だったな・・・。
うちの嫁はストライプスの「Conquest」で大喜びしてました・・・。

良い感じでウォーミングアップ終了。また2階席に戻り休憩です。
おおぉ!いつの間にやらフロア席はパンパンじゃないですか!
嫁の友達に合流したり、HIFANAをノンビリ眺めたりして体力を温存します。

しかし・・・。続いてのSebastiAnKAVINSKY
かなり盛り上がってるなあ・・・。
はい。ダフトパンクまで体力温存するはずだったのに、早々とフロア席へ!
何故か周りに外人さんの多い、後方の場所で踊ります!
ラストのレイジの曲でその外人さん達と一緒に繰り返しジャンプ !!!
そしたら、とびきりのスマイルを返されました。スキンヘッドの人に・・・。
この人ひっきりなしに彼女とチューしてたなあ・・・。
他人のディープキスをあんな間近で見たのはじめてだよ・・・。

さてさて。そんなこんなで19時10分 !!!


△△△△△ ギャァルルゥゥゥ・・・グゥィィィガアァァァ・・・ △△△△△


出たあぁぁぁーっ !!!!! 巨大ピラミッドォォォーッ !!!!!

dafunkfest 2007 12/8


セットリストは先月リリースされたライブアルバムと同じ。
しかし、音圧の迫力と光るピラミッドの演出に大興奮ですわ !!!
もちろんピークは中盤の「One More Time」 !!! もうみんな狂喜乱舞 !!!
個人的には「Da Funk」がベストでした。 そしてアンコール。



はい。トーマとギ=マの二人も光ってます。
そして意外とあっさりアンコールが終了。
正直、CDやら動画やらで予習しすぎちゃったかなと思いましたが。
やっぱり本物の迫力は違いますわ! 最高の踊り納めになりました!

ちなみに。
先頭の画像は会場からとってきたピラミッドのペーパークラフトです・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Rosso 254枚目

2007-12-06 | 音楽
Rosso/Dirty Karat
ミッシェルはデビューから解散まで夢中で追いかけ。
だから、まだミッシェル活動中だったRossoの1stは大歓迎。
しかし解散後の今作以降はというと・・・。

Rosso/1000のタンバリン


確かに今作はカッコイイです。
4ピースになって音も分厚くなり、ミッシェル末期にみられたブラックホール
のような奥深さにも磨きがかかってるし。でもね・・・。
なーんか違和感が拭えないんだよなー。しっくりこないんだよなー。
よく言われる、アベのマシンガンカッティング不在とかそんなんじゃなくて・・・。

吹っ切れてないんだよなー。チバの迷いを感じるんだよなー・・・。
「このバンドで定着すべきか?」という迷いを・・・。
そんなこんなで3rdはスルー。いまだ未聴。
で。案の定Rossoは定着せず、チバは次のBirthdayへシフト・・・。
もちろんBirthdayの2枚もスルー。1曲たりとも聴いてませんでした・・・。
このまま永遠にチバユウスケと疎遠になってしまうのか?
そんな事をぼんやり考えてた、2007年の年末に聴いたコノ曲。

Birthday/プレスファクトリー


わーチバが変わった。
チバの歌を聴いて、一発目で「カッコイイ曲!」と感じた事は沢山あったけど。
一発目で「良い曲」と感じたのは初めてだなあ。Birthdayのアルバム買うかあ。

この記事をはてなブックマークに追加

『 2007 Best Track 10 』

2007-12-05 | 音楽
えーそれでは。
2007年お気に入りの曲ベスト10です!
まずは前座として!何気なく話を振ったら律儀に答えてくれたうちの嫁のベスト3から!

Best1 : White Stripes/Conquest


Best2 : Arctic Monkeys/Brianstorm


Best3 : Chemical Brothers/Do It Again


うーん。そうですか。
「Conquest」を最初聴かせた時は「なんか氷川きよしみたいでヤダ!」
とか言ってたくせにドップリはまったようです・・・。
どうやらアクモンは2nd派のようです。僕は最終的に1st派ですが。
そういえば機嫌が良い時しきりに「ドゥッアゲェッ!」と言ってました・・・。

ではでは。続いて僕のベスト10を !!!

■□■ 第10位 ■□■
2ndの成長具合はもっと評価されると思ってましたが。
世間的にはイマイチ盛り上がらなかった気がします・・・。
コノ曲を聴いた時には、ベンズ ⇒ OKコンピューター期のレディオヘッド
くらいの実力を秘めているんじゃないかと感じましたけどね。

『 Best 10 』

■□■ 第9位 ■□■
2007年の新人賞!とにかくメロディの瑞々しさにやられました。
彼らの曲のなかで候補が4曲あったのですが、最終的にipodの再生回数で決定!

『 Best 9 』

■□■ 第8位 ■□■
僕の結婚披露宴の際、新郎新婦とその両親の6人で鏡開き!酒樽を叩くと同時に
コノ曲を流したんですが。僕の両親が木槌を叩くタイミングを間違えて・・・。
まあそんな話はどうでもいいのですが。この動画のダンスは必見です!

『 Best 8 』

■□■ 第7位 ■□■
フジでのライブの1曲目はコノ曲がよかったなあ。
収録アルバムを最初に聴いた時、一番印象に残った曲でした。
スタジアムバンドの片鱗をみせつけるダイナミックな1曲。

『 Best 7 』

■□■ 第6位 ■□■
じっくり聴き込むうちに2ndの方が凄いなと。
個人的にはこの路線で突き進んでほしいと思ってます。
英国の某ビックバンドの座を本気で脅かしてほしいとも思ってます。

『 Best 6 』

■□■ 第5位 ■□■
今年の初詣の帰り、車の中で最初に聴いたのはコノ曲でした。
真の意味で新年一発目の曲!野蛮なグルーヴにシビレました。

『 Best 5 』

■□■ 第4位 ■□■
今年、最も心の琴線に触れた曲はコノ曲でした・・・。
何度聴いても色褪せない、魔法のようなメロディですな。

『 Best 4 』

ふー。残すはアト3曲 !!!
2007年の音楽趣向を象徴する3曲となりました。

★☆★ 第3位 ★☆★
コノ曲のリミックスを片っ端からダウンロードしたなあ。
たぶんyoutubeで再生した回数は第1位だと思います。

『 Best 3 』

★☆★ 第2位 ★☆★
第3位とかなり僅差!第3位と共に初夏のアンセム!
CDを買った帰り道、車の中で10回リピートしました。

『 Best 2 』

そして!いよいよ!
★☆★ 第1位 ★☆★
踊る!踊る!踊る!踊る!踊る!
踊る!踊る!踊る!踊る!踊る!
踊る!踊る!踊る!踊る!踊る!
コノ曲のおかげで、どれだけカロリーを消費したんだろ。
本能を刺激されまくり!次世代ダンスミュージックの傑作!

『 Best 1 』

ということで以上です。
どうやら2007年=『ダンスの年』になったようです。
純粋なロックも良作が多かったのですが。
昨年末から年始にかけて「踊れるロック」がキーワードとなり、
初夏から次世代ダンスアクトで盛り上がり!
結局その雰囲気を年末まで引きずった感じですな。

さてと。
アルバムベスト10の方はサラッとやろーっと。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Music 253枚目

2007-12-04 | 音楽
Music/Welcome To The North
今年も残り1ヵ月をきりました・・・。今迄で最も早く過ぎたなあ。
私生活においては、とにかくトピックス満載!充実した一年でした。
で。音楽生活の方はというと。
こちらも充実した一年でした!良い作品と良いライブに恵まれました。
しかし・・・。音楽生活において心残りな事がひとつ・・・。それは!


・・・・・ミュージックの活動状況に進展がないみたいなんですけど・・・・・


個人的には近年になく踊れる年だった2007年。
彼らの3rdが発売されてれば最高だったのに・・・。
一体全体、今は何しているんだろうか?????

Bleed From Within


恐らくアメリカのマーケットを狙う為、よりハードロック路線へシフトした今作。
ヘヴィさが増した代わりにグルーヴ感が弱まった印象ではあります・・・。
当時、知り合いに彼らのファンが多かったのですが。
女性ファンは1st派、男性ファンは2nd派と面白いくらいに分かれてました。
女性ファンは声を揃えて「踊れるミュージックの方がよい」と言ってましたね。

確かに踊れるのは断然1stですが、メロディに関しては2ndの方が
印象的な曲が多いと思うんですけどね。男性ファンとしては。
全体象なら1st、1曲々の完成度なら2ndに軍配って感じかな。
まあそれよりも、この2枚の事を忘れちゃうくらい強力な3rdを期待します!

ところで。12月になったので。
次回は早速、『 2007 Best Track 10 』をまずはお送りします !!!!!

この記事をはてなブックマークに追加

Keith Richards 252枚目

2007-11-30 | 音楽
Keith Richards/Main Offender
実はストーンズ自体は「それほどでも・・・」だったりします。
「これだぁっ」って明確な一枚もないし・・・。
もちろん好きな曲はあるんですけどね。ビートルズよりは少ないかな。

で。キース。
スートンズ関連の作品の中では、今作が一番好きです。
何故か? それは最もUKロックっぽいから。
ポール・ウェラーのようなアメリカのR&Bやブルースを消化した
大人のブリティッシュロックなフィーリングなんですよね。今作は。
確かにブルージーなんだけど泥臭くないんだなあ。

Eileen


20歳の頃今作を聴いた事により、ステレオフォニックスとかは、
スンナリと受け入れられたもんです。

この記事をはてなブックマークに追加

電気グルーヴ 251枚目

2007-11-29 | 音楽
電気グルーヴ/少年ヤング
本日からgooブログの動画貼付け機能が新しくなったぞー!

少年ヤング


やー楽になったぜ。
で。最近観たなかで最も衝撃を受けたPVはコチラ。
団塊のジュニア世代からバブル世代にはたまりませんな。
80年代のアイドルって、今見ると滑稽だなあ・・・。
特にラジカセのヴィンテージ感が最高!
同じような型の黒を持ってたな。

実は隠れ南野陽子ファンでした・・・。スイマセン・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

Inxs 250枚目

2007-11-29 | 音楽
Inxs/Welcome To Wherver You Are
たまーにですね。
無意識のうちに何の脈絡もない曲を口ずさんでいる事があります・・・。
2ヶ月前くらいに内田有紀の曲を口ずさんだ時は、嫁に驚かれました・・・。
で。今日も会社の駐車場から歩いている時に口ずさんでしまったんですな。

Baby Don't Cry

なーんでコノ曲だったんだろう?
インエクセスなんて軽く10年は聴いてないのに・・・。

同世代のU2から社会派なシリアスさを引いたものと、同じく同世代の
デペッシュモードから文学的なダークさを引いたものを足して。
そこへセクシー、ナルシスティック、ゴージャズの成分が強い大衆性を
ブレンドしたオーストラリア出身のロックバンドである彼ら。

80年代後半から90年代初頭にかけて「KICK」と「X」が大ヒット!
その後、その人気とセールスに陰りが見え始めた頃の今作。
良い曲3曲。残りは全盛期を焼き直したのに味が薄くなってるって感じな作品。
なんだけど今作が一番印象に残っているなあ。確かにコノ曲はよく聴いたなあ。

マールン5が好きな人やロックスターフェロモンみたいなのが好きな人は、
とりあえず聴いてみる価値があるかもしれませんな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

My Bloody Valentine 249枚目

2007-11-23 | 音楽
My Bloody Valentine/Loveless
来年、各国ロックフェスの目玉になるであろうマイヴラ。
コーチュラ、サマソニは決定かな。何年にも亘ってラブコール送ってるし。

で。90年代の名盤のひとつに数えられる今作。
シューゲイザーの金字塔。漢字一文字で表すと・・・。

・・・・・ うーん 「森」 かな ・・・・・

朝靄の森の中、かすかに聴こえてくる美しいメロディを頼りに彷徨うって感じですな。
そして、轟音ギターの幻想的なフィードバックノイズの果てには・・・。

Soon

眩い光の出口が待っていると。
ポップなダンサブルビートが開放的なコノ曲がラスト。
うーん。もちろんコノ曲は好きなんですけどね。
正直、今作には収録してほしくなかったですな・・・。
轟音の森の中を彷徨ったまま終わりにしてほしかったです・・・。
出口なんて必要なかったです。まあ個人的な感想ですが。

反対に。
ミッシェルの「ギヤ・ブルーズ」は、真っ黒なブルーズの泥沼をDanny Go
突き抜けて終わるから最高なんですけどね。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Oasis 248枚目

2007-11-19 | 音楽
Oasis/Masterplan

Dex Pistols @ FujiRock 2007

この前なんとな~く仕事の休憩中にコレを観てまして。
そうしたら最後に流れるビートルズのHello Goodbyeが妙に印象に残って。
なので自宅で青盤を聴きはじめて。そうしたら今度はオアシスが聴きたくなって。
久しぶりに今作をCDの棚から手に取ったんですな。

Aquiesce

『アーティストの活動に黄色信号が灯る時の作品ベスト5・・・。』

① バラードベスト・・・。
② ファンの人気投票によるコンピ・・・。
③ セルフカバー・・・。
④ レコード会社移籍してないのに、またベスト盤・・・。
⑤ B面集・・・。

上記のうち②と⑤にあてはまり、ちょっぴり黄色信号っぽかった頃の今作・・・。
しかし!1st~2nd期のオアシスは、やはりソングライティングが神懸り !!!
オリジナル作に全然負けてませんな。史上最高のB面集かと。
聴いた回数は3rd~5thよりも多いなあ。6thには負けるけど。

この記事をはてなブックマークに追加

Roy Wood 247枚目

2007-11-18 | 音楽
Roy Wood/Wizzard
巷のBGMは早くもクリスマス色に溢れてますな・・・。
僕の勤務先でも1日中流れてます。 そして既に飽き飽きしてます・・・。
しかし、聴き覚えのある曲が流れて「オッ」と反応!その曲とは!

I Wish It Could Be Christmas Every Day

ハイ。今作に収録されているコノ曲です。
60年代~70年代にイギリスで活躍したポップ職人(変人?)ロイ・ウッド。
ジャケ画像とライブ動画をご覧頂いてお分かりかと思われますが・・・。
かな~りインパクトのあるルックスのアーティストでございます・・・。
しかし!作る音楽は、まるで宝石箱のようなドリーミーポップばかり!
このギャップには素直に驚かされますな。しかし、本当に凄えメイクだなあ。

彼を知ったのは高校生の頃。ロックの歴史を猛勉強中の頃。
グラムロックの独特なポップセンスに興味を持ちはじめまして。
その辺をさかのぼって行ったら、彼が在籍していたELOを知りまして。
それがキッカケで今作を聴いたんですよね。正直ELOより好みでした。
ELOにあったプログレッシヴ感と大がかりなストリングスアレンジが
薄い分、楽曲のポップ感がダイレクトに伝わってきてよいですな。
ビートルズよりもビーチボーイズの方が好みな人にオススメです。

この記事をはてなブックマークに追加

Daft Punk 246枚目

2007-11-15 | 音楽
Daft Punk/Alive 2007
前回、今年最後の購入!と書きましたが・・・。
あれはあくまで、オリジナルアルバムの話であって。
ライブ盤・ベスト盤・旧譜は、別なんですな・・・。

Live @ Wireless Festival 2007

来月のライブに備えて、これ以上ない予習盤である今作。
2~3曲をひとつにミックスしたセットリスト。
なのでコレ1枚で彼らの代表曲をほぼ網羅してます。
そういえば。ダンスアクトでライブ盤を出すのって彼らくらいだよなあ。
結構珍しいですよね。まあそれだけライブに自信があると。
恐らくワールドツアー終了後に映像版も出ますな。

当たり前ですが、スピーカーの大音量で聴く事をオススメします。
スピーカーの方が臨場感が増してよいです。ヘッドフォンよりね。
車で聴いていた時、あまりの大音量に信号待ちしたら、ガラスが震えてました・・・。

ところで。
ライブの楽しみ方も年齢と共に変わってきたなー。
10代、20代の頃は、パンクだ!ロックだ!最前列だ!ギュウギュウだ!
暴れなきゃモッタイネー!って感じだったんですけどね・・・。
最近ではめっきり後方がお約束位置・・・。主にロック系は。
身体を動かして楽しみたい!という時はダンスアクトを選択しますね。今は。
暴れて滅茶苦茶になるより、気ままに踊ってる方が楽しいですもん。
しかし。
沢山ライブ観てきたなー。
高校生の時、当時の彼女につきあってドリカムとジッタリンジンを観たな・・・。
あとヤンキー系の友達に無理矢理、氷室京介へ連れて行かれた事もあったな・・・。
ちなみに。初めてライブを観たアーティストはこちらのバンドです・・・。
これも無理矢理連れて行かれたなあ・・・。しかも打ち上げに参加したし・・・。
まだビールが苦手だったから、青リンゴサワーなんか飲んでたよ・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加