遊び半分・面白半分

脳梗塞により左半身麻痺になり現在リハビリ中、健康回復日誌

最近、再び走りを始めて!

2016-10-16 20:21:17 | Weblog
2016年10月15日(日)
 間もなく半身麻痺が発症してやがて11年目が終わる、
その間ほとんど毎日歩くことはやっていた。走りもした。
だが走るだけのことは、バドミントンをしているので、「走る」というだけは
とくにやっていない。最近になって、走ってみると、「走る」ということが
下手になっていた。当然やらなければ、下手にもなるし、機能も低下する。
 改めて日々のリハビリトレーニングに「走る」を取り入れることにし、
走ってみた。日々のリハビリトレーニングの流れに組み込んで。
 走ってみると、土踏まずが、上手く機能していないことが、良くわかった。
以前は、なんで上手く走れないのか疑問だった。それもあったが、暑かったり、寒かったりで
「走り」は継続されなかった。その期間が長くなってしまい、「走る」ことが下手になってしまったのです。
それと同時に、足首から下の筋肉が使われなくなってしまっていました。ジャンプもままなりません。
葦の指にも任された機能があるのです。使わないとこの機能は生かされませんし、機能も
発揮出来るようにはなりません。使われ方を脳に教えまければなりません。だから使ってみる
ことにしました。毎週数日約6Km歩くことにしています。そのうちの1Kmを「走り」に
分け与えます。納得ができるまで、走り続けなければなりません。納得ができても、終わりには
なりません。生涯現役で続けなければならないのです。だからきっと健康なんでしょうね。
 私、今年70歳になりました。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年7月20日 | トップ |   

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「クルミ」が脳梗塞やリハビリに効果があるそうです。 (moon)
2016-11-05 11:56:21
知り合いの脳梗塞リハビリ中の方がクルミでかなり改善しました。 
「クルミ」は血管を柔らかくし、悪玉コレステロールや中性脂肪を取ってくれる上に副作用無しだそうです。「クルミ」の効果をより高めたサプリメントも販売されていて、大阪の東洋医学の先生もリハビリ治療にそのサプリメントを使用し効果を上げています。またハーバード大学から「クルミが脳卒中に効果がある」という研究論文も発表されています。ハーバード大学のエストリッチ博士は臨床試験の結果として「クルミ」は心血管系疾患(脳卒中、心筋梗塞、高血圧)リスクが30%抑制され、中でも脳卒中リスクが49%も抑制されたと発表しました。
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸はお互いの作用を抑制しあう性質があります。それらの効果を最大限に発揮するには、それぞれの含有バランスが重要です。その含有バランスの理想的割合が1:4です。 「クルミ」にはオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が丁度、1:4の割合で含まれ、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸の効果を最大限に発揮する理想的な割合になっています。 この比率こそが血管を柔らかくし悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす「クルミ」の特長です。ただし、生のクルミは消化が悪く(体内吸収率が低い)、熱に弱い(加熱すると成分が壊れる)という欠点があります。その欠点をクルミのサプリメントが解消し、生のクルミより遥かに効果が高い製品が出来ているようです。クルミで早く良くなって下さい!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL