巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

未来への扉

2017-06-19 21:50:49 | 
君が麗しく奏でるのは
崩壊の序曲
僕は裏切り者じゃないから
君もろとも燃え尽きてしまう

真夏の炎天下
僕は遠い空を見渡しながら
吹き出す汗を拭う
あの岬の先に未来への扉があるんだ

かけがえない友
君達なしで今の僕はないよ
誓う言葉に嘘はないから
幸福を呼び込む沈黙と静寂

美しさってなんだろう
君がふと呟いた
聞き逃さなかった僕は
君のことだよ、と一言

口説き文句にもなりゃしない
自然な感情の発露
それでも二人は繋がっていく
混じり気のない自然現象

あの岬の先に未来への扉があるよ
僕は君とともに先端を目指す
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呆れた錯乱状態 | トップ | 子供と大人の境界線 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL