巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

僕と君だけの隠れ家を未来につくろう

2017-07-17 15:06:59 | 
時を超えて、夢を探して
僕達だけの隠れ家を未来につくろう
もう一度二人やり直すために
邪魔立てするものがあるのなら
君のその涙で食い止めよう

熱い珈琲を淹れたように香り立つ瞬間
僕は空気を抱きしめて空虚に俯く
長い人生が流れ、すべてが終わるとき
君は何を見上げ、飛び立とうとするのか

君の存在を疎ましく感じたとき
今まで育んだすべての未来が終わる
もしも後悔することがあるのなら
まだ二人が熱い今のうちに挑戦しよう

世の人は誰も残念な人生と言う
僕は小心者だから、君といられない
無理やりにつくった上っ面の笑顔は
いつも心の奥でビリビリに剥がされる

誰の為でもない未来に僕は片足をかけている
僕の脚力は未来志向だから失う前より強い
この先の人生なんて誰も知らないから
目の前の今日を乗り切れれば最高
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街中がセレブレーション | トップ | 星の数だけ命がある »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL