巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

絶対覇権者の憂鬱

2017-04-20 00:06:12 | 
誰も彼もが憂鬱気分
今日は今日で新しい一日が流れるけど
頼りない自分を許して
力なく今日を生きるのさ

高層階のタワーマンションから
蟻んこの君達を見下ろしてみる
僕は絶対覇権者のように
すべてを操作してしまう

もしも地球の動きを止めたなら
もしも太陽を西から昇らせたら
もしも天地をひっくり返したら
誰もが空に墜落するよね
もしも、もしも、もしも

君だけは僕を裏切らないよね
こんな世の中でも信じてるから

僕達の理想は
僕達の希望は
僕達の運命は
僕達の祈りは
誰にも伝わらない、叶わないから

半ば諦観にも似た感情で
僕はハッシュドビーフを食す
都心のホテルレストラン
僕にはちょっとした贅沢
ガラにもないシチュエーション
時にはお洒落に決めて
独り身の侘しさを忘れたい

僕は都会の片隅で
運命の誰かを探して、誰かが現れて
そんな夢や妄想を抱く毎日
今日は明日への滑走路
何も起きなかった今日
明日こそは翔び立ちたい
誰も見たことのない高みへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕なりの責任感 | トップ | 僕にとって自由とは »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL