巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

本当に大切なこと

2017-07-16 17:40:46 | 
前途多難
僕にはたくさんの未来があるから
勘違いしてしまうんだ
君が僕のものであり、
僕が君のものである、なんて

そろそろ少し見えてこないかい
100点満点の未来なんて
あり得ないということが
僕が普通に振る舞うことが
君を傷付けているかもしれない

僕は同じことを何度も繰り返す
それは僕らが忘却の産物と知っているから
たとえ君に疎まれようとも何時も
僕であり続けなければならないんだ

蒸し暑い日本の夏を僕らは無心で歩く
四季という自然と時間の組み合わせ
そのコンビネーションに僕らは弄ばれる
本当に大切なのは「今」を生きること

今日は昔の仲間達が久しぶりに集まったんだ
それだけでこの一日は大成功かもしれない
僕らはあり得ない100点満点を目指して
ほんの少し、本気で限界に挑戦する

君が僕のものだと勘違いした夏に
僕らの短い恋仲は終わりを告げた
二人には予想の範囲外のできごと
でもやはり偽りのない本当のこと

確かめて、今
君に僕が必要ないか
そして、今
僕に君が必要ないか

大切なのは相手の空気になること
溶け込んでいく、君を包む皮膜に
お互いを受け入れるまでもなく
君が僕のものであり、
僕が君のものである、と言えるまで
時間をかけて
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奇跡などこの世界になくても | トップ | 街中がセレブレーション »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL