巨匠 ~小杉匠の作家生活~

売れない小説家上がりの詩人気取り
さて、次は何を綴ろうか
【連絡先】
cosgyshow@gmail.com

空の彼方へ

2017-04-29 12:43:23 | 
すべてを失いかねない覚悟で
僕の新しい一日が始まる
何が正解か不正解か解らず
僕は少なからず狼狽するけど
決して自分を見失わない君を
心からリスペクトしよう

君は水平線の彼方からやってきた
大柄な君は殊の外繊細な心の持ち主
この国が大好きだと君は言った
そして僕は君の国が好きだ
ごく稀に訪れる彼の地は
インスピレーションの塊
またあの地で詩を綴ろう

君と並んで電車に乗っていると
背面の窓から陽が射し込むよ
僕は君と過ごす今日という日を
もっと楽しまねばと思う
なぜなら君はいつまた現れるか
僕はおろか本人すら解らないから

虹がかかるあの空を夢見たのはいつ
思えば僕は空ばかり見て一日を費やす
摩天楼が視線を遮る先は不思議だらけ
僕はビル群の狭間にある美しい水色を
少年に返った瞳で見つめる

さあ、そろそろ帰ろうか
僕が生まれた地へ
大切が何かを教えてくれた故郷
白鷺が舞い飛ぶあの大自然の中
僕はひとりぼっちの自分を堪能する

最高密度の青色が僕の帰りを待っている

吸い込まれるように僕の魂は
空の彼方へと消え去ってしまう

限りない青へ、どこまでも続く青へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今ここにある今日 | トップ | 我が街に吹く風 »

コメントを投稿