巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

夢の後継者

2017-08-08 21:22:05 | 
追憶の彼方へ
想いを馳せるのさ
あの災禍の中に僕達はいなかった
裏切りも絶望も普通にあった時代
この街を焦土と化すことさえも自由?

今日という日が72年後まで続くとは!
自然は自らの自浄作用で
人間は自らの生存本能で
街はいつしか賑わいを取り戻した

痛みも綻びも感じられない今
僕達は今や一体何を拠り所に
過去の過失を詫びればいい?
時よ、既に遅しと窘めてくれ

怒りはどこまでも続くと信じてた
僕達の生の終着点は遥か彼方へ
雨風の届かない現在を泳いでる
過去はあくまで過去であって
涙は海面を漂うように蒸発した

君を覆う雲は何よりも高く
行く手を遮る光はすべてを隠す
通り過ぎた未来を追っていこう
弛まずに、明日の風が凪がないうちに

昨日よりも今日が幸せであるように
今日よりも明日が幸せであるように

それが先達が夢見た理想の未来図
僕達は誰も彼もが夢の後継者
未来を創ろう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛されるまで恋しよう | トップ | 頑固者の確信 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL