巨匠 ~小杉匠の作家生活~

売れない小説家上がりの詩人気取り
さて、次は何を綴ろうか
【連絡先】
cosgyshow@gmail.com

精一杯の鎮魂歌

2017-10-08 22:43:36 | 
響き合うファンファーレ
荘厳に送り出すと誓うよ

ひとり夜の公園を歩いて
若者達がじゃれ合う姿に
秋の虫達のオーケストラ
銀杏通りのむせ返る匂い
季節の変化は裏切らない

断る勇気
嫌われる覚悟
辞める言い訳探し

僕らしくない僕がいる
passionなら人一倍だけど

自分が嫌いな自分の選択
僕の人生への介入に憤る

適当じゃなくて、本気で生きてる
都合のいいことばかりじゃないね
自由の利かぬこの人の世で生きて
抗うだけ抗って大抵は潰れるんだ
我慢とか折り合いとか大人ぶって
ありたい自分を諦めてしまうんだ

弱さを認めるんだ
強さも万能じゃない
嘆く必要なんてないさ
僕が丸ごと買い取るから
どんな人生も受け入れるよ
必ずいつか終わりがくるんだ
勝利の方程式なんて知らないね
負け犬の遠吠えならせめて声高に

運命に流されるだけ流されて
大切な自分を少しずつ失って
いつの間にか姿を消し去って
それが人の生涯ってものかな
勝ち続ける勝負なんてないし
突然の訃報に崩れ落ちたりね
タフなメンタルなんて期待薄

明日のことなんて今決めちまえ
暗い夜道に眩い灯りを照らそう
僕が歩む真っ直ぐな道を塞ぐな
いつも誰よりも懸命に生きてる
君のemotionは二の次にするよ
予定調和にバリケードを張ろう
僕が僕らしくあるための境界線
もう誰にも邪魔立てさせないさ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親愛なる皆様へ | トップ | 甘えの象徴 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL