巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

君に会いたい

2017-05-14 22:36:21 | 
幸せをメーターボックスに
閉じ込めてしまった僕は
この世に生まれ落ちた意味を
計りかねているかもしれない

君の日常は僕の日常ではなくて
でも君は常に僕の隣にいて
それでも君は赤の他人なのかもしれない
君の人生の価値を僕は知らない

この息苦しい大都会の隅っこで
僕達は息を潜めて呼吸している
生を誰にも認められない僕達
この世界での居場所を捜索中

生きてていいですか?

生死が溢れたこの街の中で
死は隠されたように目に映らないけど
人生を悲観する理由などあまりなくて
むしろ薄っすらと見える幸せの欠片を
確かに掴むことのほうが重要だ

人生に多くを求めず
自分らしい暮らしを見い出そう
君とならそれができるような気がする
今すぐ君に会いたい、君に会いたい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最果ての地へ | トップ | 都会の孤独 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL