巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

愛とか恋とか

2017-05-17 22:43:33 | 
もう春とはいえまだ夜は寒いから、僕が抱き締めてあげよう

なんてくだらない台詞を真顔で言う暇があったら、うろこ状の雲を取っ払って澄み切った夜空を私に見せて

君は僕のことなんか眼中になくて、未来のこととか、夢のこととか、そんなことばかり考えているようだ

僕は愛とか恋とか随分遠ざかってしまったから、君が心から欲するものなど見えやしない

距離を縮める必要があるんだ、君のことをもっと知るために。君には僕が知らないことがたくさんある。僕が知らない君がたくさんあるんだ。君が隠し事をしている訳じゃないけど、どんなに愛し合っても他人同士に変わりないし

ほら、夜空を見上げてごらん。雲の晴れ間に綺麗な三日月が見えるよ

視線を宙に定めた君の肩に僕は優しく腕を回す。きっとこうやって僕達は距離を縮めていくんだろう。愛とか恋とかとは無関係に、少しづつ近くへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 翼をください | トップ | ふらりふらりと »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL