巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

涙色の雨が降る夜

2017-06-15 19:20:24 | 
すべてが赤一色のこの世界
君の高評価はホンモノかい
ちょいと調子に乗った僕は
街に繰り出して火遊び三昧

愛という幻が夜空を覆い尽くす今
恋だの鯉だの言っても始まらない
だから使い捨ての眉毛なんて不要
インスタントに決めちゃっていい

時の狭間を闇雲に駆け抜けて
やっと辿り着いた今日の終着点
ヤワな感情を抱き締めて思えば
涙色の雨が夜空を溶かして降り注ぐ

だけど今ほんの少しだけ強くなった

未来の君を探しに行くよ
今君が強く拒まなければ
二人繋がる日はそう遠くない
この世界を包んで歩いて行こう

もう傘は要らないよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心配ご無用 | トップ | 初めての失恋 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL