巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

星の数だけ命がある

2017-07-17 18:41:49 | 
威風堂々なんて
空回りしてるんじゃない
度胸が全然足りやしない
僕は自信家じゃないから
絡まった糸を順に解いて
少しずつ解決に向かう

星の数だけ命がある
一度消えてしまった星も
君の願いを届ける時は
面を合わせてメンチ切ろう
嫌な奴ほどやっつけたくなるね
凄い奴ほど顔を背けたくなるよ
一斉の矛盾がない

言質を取るんだ
君なんて最低のモラル
そうさ、まずは挨拶に来いよ
綿密に対策してるんだ
ターゲットは君なんだ
データは丸裸
対決=勝利のときは近い

激しい首位攻防
僕は追われる立場
敵は今まさに目前に迫っている
急いで態勢を立て直すんだ
大袈裟に振る舞っていいさ
絶対に負けない自信がある

解決したいんだ
僕だって人間さ
24時間戦っていられない
いがみ合ったって
生産性のない時間
何も産み出さない
僕は「戦闘反対」の旗を掲げる

星の数だけ命がある
それを守るんだ
そうさ、僕達は生きてるんだから
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕と君だけの隠れ家を未来に... | トップ | 星の欠片に夢を託して »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL