巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

理想郷の遥か彼方で

2017-01-04 21:41:54 | 
今日、新たな時代の幕が降りた

一日よ、早く終われ
そう思っていた物臭な僕は
夕闇が訪れる早さに言葉を失う
このペースで月日を重ねたら
あれよあれよと言う間に僕は
この世界からの退場を迫られる

時代に取り残される僕は
現代の浦島太郎を演じよう
常識に抗い、加齢を拒み続ける僕に
時は停滞も逆行も許さない

精神世界に住む僕は
非日常をひとたび忘れて
現実世界との折り合いを
きっちり付けなければならない

僕はもうすぐ心の余裕を失い
毎日を汲々と過ごすようになるだろう
僕達が淡々と繰り返す変化のない生活は
いったい何処へ行き着くのだろう

顔を上げて、夜空が放つ光線を辿れ
星々が照らし出すあの山脈の稜線の向こうに
人間社会に縛られない生活が待っている
僕は限りなく遠いユートピアを夢見ながら
無味乾燥な明日へ続く道を歩んでいく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 楽園の入口 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL