巨匠 ~小杉匠の作家生活~

青二才の頃の夢だった小説家。今頃になって何かに憑りつかれたかのように行動に移し始めました。そんな作家的日常を公開します!

呆れた錯乱状態

2017-06-19 17:52:05 | 
街は突然の通り雨さ
慌てて過ぎ行く人波
誰も無口に散り散り
私はただ人恋しくて
そう今夜は独りきり
溢れる涙を拭うんだ
疑いのない晴れた心
決して穢すことなく
後悔も後ろめたさも
貴方が傍にいるから
前向きな忘却は健全
明日へのリセットさ
愛された人愛する人
等しく美しいんだよ
ジグソーパズルの様
絡まった無粋な糸を
解きほぐしてあげる
皆んな自由を求める
街には射し込む夕陽
知らぬ間に雨も止み
また街へと人が集う
人いきれが街を包む
もう寂しくはないね
貴方が無くなる合図
今までもいつもそう
私は帰りを待つ人生
なんか違うでしょう
混乱に陥る一歩寸前
私は貴方の何ですか
呆れた錯乱状態だね
南十字星が空に瞬き
消えるその瞬間だけ
去った貴方に逢える
心でそう唱えている
ずうっと傍にいてよ
これが真の私の本音
知ったかぶりなんて
聞こえないフリして
笑顔で黙って消える
結局待ち続けるのよ
負けてばかりの恋愛
いつか逆転して嘲笑
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オトナの願い | トップ | 未来への扉 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL